夏侯威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夏侯 威(かこう い、生没年不詳)は、中国三国時代の武将・政治家。季権(季權)。父は夏侯淵。兄は夏侯衡・夏侯覇夏侯称。弟は夏侯栄夏侯恵夏侯和。『三国志』魏志「諸夏侯曹伝」「方技伝」・『晋書』「羊祜伝」に記述がある。

人物[編集]

男気のある人物だったという(「諸夏侯曹伝」が引く『世語』)。太和年間、他の3人の兄弟と共に関内侯に封じられた(「諸夏侯曹伝」)。

ある年、泰山郡に赴任した時、泰山の名門出身である羊祜と出会って相互に語り合った結果、夏侯威はこの青年が只者ではないと評価し、(夏侯覇の娘)を羊祜に嫁がせ縁戚関係を結んだという(「羊祜伝」)。

荊州刺史を務めた後、最終的には兗州刺史となった(「諸夏侯曹伝」及び同伝引く『世語』)。

これより以前、曹丕(文帝)が太子(五官中郎将)であったころ、曹操に召し出されていた人相見の朱建平という人物を呼び出し、自分や周囲の人達の人相を見させたことがあった。このとき、朱建平は夏侯威の人相を見て、49歳の時には州(刺史より権限が強いが、魏ではほとんど任命されなかった)に昇るが、そのときに災難があり、それを乗り越えれば70歳まで生き、天子の後見役を任されるだろうと予言した。夏侯威はほぼ予言通り州刺史になっていたが、49歳の時12月上旬になると病にかかったため、朱建平の言葉を思い出し覚悟を決め、遺言を作り葬儀の準備をさせた。ところが、12月下旬には病が快方に向かっていったので、50歳になる(数え年では新年ごとに年齢を増やす)前日に回復祝いの酒宴を開き「朱建平の戒めた時期も、確かに無事に過ごせた」と言った。ところが、その日の深夜に病が再発し死去したという(「方技伝」)。

子孫は司馬氏と通婚関係を結び、東晋の帝室の外戚となるなど栄えた(「諸夏侯曹伝」が引く『世語』)。

小説『三国志演義』では、兄弟の夏侯覇・夏侯恵・夏侯和と共に司馬懿の抜擢を受け、諸葛亮北伐の防衛に当たる魏将として登場する。

一族[編集]

妻妾[編集]

  • 曹夫人 (曹真の末妹)

[編集]

  • 夏侯駿
  • 夏侯荘(字は仲容)

[編集]

  • 夏侯湛(字は孝若)
  • 夏侯淳(字は孝沖)
  • 夏侯琬
  • 夏侯瑫
  • 夏侯謨
  • 夏侯総
  • 夏侯瞻
  • 夏侯光姫(字は銅環、西晋の琅邪王・司馬覲夫人、東晋の元帝・司馬睿生母)
いずれも夏侯荘の子。

曾孫[編集]

  • 夏侯承(字は文子、夏侯淳の子)