夏侯徽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

夏侯 徽(かこう き、211年 - 234年)は、中国三国時代の女性。媛容司馬師の最初の夫人。父は夏侯尚。生母は徳陽郷主(曹真の妹)。同母兄は夏侯玄。従兄は曹爽

事跡[編集]

教養深く見識ある婦人であった。司馬師は事を諮る時、常に夏侯徽へ先んじて相談していたという。曹叡(明帝)の時代、司馬懿には大将軍として威勢があり、子の司馬師や司馬昭も雄才大略の誉れ高かった。彼女は司馬師との間に娘5人を産んだが、男子を授かれなかった。やがて彼女は、司馬師が魏に忠誠を尽くす人物ではないと気付くようになった。また司馬師の方も、宗室出身の夏侯徽を忌み遠ざけはじめていたため、夫婦間の仲は不和となっていった。青龍2年(234年)、司馬師は夏侯徽を毒殺し峻平に葬らせた。

このような経緯があったため、の成立後に司馬氏とその関係者の故人に対し追号があった後も、前妻の夏侯徽は外されていた。しかし、司馬師の後妻である羊太后司馬炎(武帝)を説得したため、泰始2年(266年)に皇后位が追贈され、懐皇后と諡された。

子女[編集]

娘5人