夏侯恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏侯 恵(かこう けい、生没年不詳)は、中国三国時代の政治家。に仕えた。字は稚権稚權)。父は夏侯淵。兄は夏侯衡・夏侯覇夏侯称夏侯威夏侯栄。弟は夏侯和。『三国志』魏志「諸夏侯曹伝」等に記述がある。

幼少のときから才能と学問に優れ、賞讃を受けていた。また奏議に優れていたともいう(「諸夏侯曹伝」が引く『文章叙録』)。

太和年間に、他の3人の兄弟達とともに関内侯を与えられた(「諸夏侯曹伝」)。

あるとき、広く才能のある人物を求める詔勅が下った。夏侯恵は劉劭の人物をかねてから評価していたこともあり、美辞麗句を用いた推薦文を書き、これを上奏した(「劉劭伝」)。

後に散騎侍郎・黄門侍郎となった。よく鍾毓と議論を交わすことがあり、夏侯恵の意見が採用されることが多かったという(「諸夏侯曹伝」が引く『文章叙録』)。

燕国の相に転出し、楽安太守にまでなった。没年は不明だが、37歳で死去した。

その文章や賦は三国志の編纂当時において、蘇林・韋誕・孫該・杜摯らの作品と共に、多くが伝わっていたという(「劉劭伝」)。

小説『三国志演義』では字を雅権とされている。兄の夏侯覇・夏侯威、弟の夏侯和とともに司馬懿配下の武将として活躍し、諸葛亮北伐を防ぐ任務を果たしている。