夏侯栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

夏侯 栄(榮)(かこう えい、建安12年(207年) - 建安24年(219年))は、中国後漢末期の人物。曹操に仕えた。字は幼権(幼權)。父は夏侯淵。兄は夏侯衡・夏侯覇夏侯称夏侯威。弟は夏侯恵夏侯和

7歳にして文書を書き、幼少時の曹叡と友人になったという。

劉備との陽安関を巡る戦い(218年 - 219年)に参加したが、定軍山で父が戦死したことを知ると、退却を勧められるも「父や兄弟達が戦っているのにどうして自分だけ逃げるのか」と言い劉備軍に突撃し、戦死したという。

小説『三国志演義』には登場しない。