夏木章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なつき しょう
夏木 章
本名 榎 鐘一 (えのき しょういち)
生年月日 (1928-01-06) 1928年1月6日
没年月日 ?年
出生地 日本の旗 日本 東京府荏原郡松沢村大字松原(現在の東京都世田谷区松原)
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1945年 - 1986年
配偶者 あり

夏木 章(なつき しょう、1928年1月6日 - 没年不詳[1])は、日本俳優[2][3]。本名は榎 鐘一(えのき しょういち)。大映の名脇役の一人である。

来歴・人物[編集]

1928年1月6日東京府荏原郡松沢村大字松原(現在の東京都世田谷区松原)に生まれる。

杉並区の済美中学校を卒業して日本映画学校演劇科の二期生として入学。1945年3月卒業と共に大映東京撮影所に入社し、同年公開の田中重雄監督映画『別れも愉し』で映画デビューを果たす。1955年には専属契約となり、ガメラシリーズや女賭博師シリーズなどに脇役として出演する。

1971年、大映倒産でフリーとなり、映画だけでなくテレビドラマにも出演するようになる。ところが、1986年6月26日に放映されたテレビ朝日制作のテレビドラマ『特捜最前線』第471回「死に憑かれた女!」に助演して以降の出演作品が途絶えている。没年不詳[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 春雪の門(1953年)
  • こんな別嬪みたことない(1954年)
  • 緑の仲間(1954年)
  • 月よりの使者(1954年)
  • 君待船(1954年)
  • 風雪講道館(1955年)
  • 火の驀走(1955年)
  • 講道館四天王(1955年)
  • 娘の人生案内(1955年)
  • 浅草の鬼(1955年)
  • 宇宙人東京に現わる(1956年)
  • 無法者の島(1956年)
  • あさ潮ゆう潮(1956年)
  • 惚れるな弥ン八(1956年)
  • 愛の海峡(1956年)
  • 午後8時13分(1956年)
  • 第三非常線(1956年)
  • 銀河の都(1957年)
  • 慕情の河(1957年)
  • 駅馬車襲わる(1957年)
  • 朝の口笛(1957年)
  • 残月講道館(1957年)
  • 湖水物語(1957年)
  • 妻こそわが命(1957年)
  • ふるさとの灯台(1957年)
  • 九時間の恐怖(1957年)
  • 真昼の対決(1957年)
  • 穴(1957年)
  • 冥土の顔役(1957年)
  • 日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里(1957年)
  • 手錠(1958年)
  • 母(1958年)
  • 氷壁(1958年)
  • 白いジープのパトロール(1958年)
  • 渇き(1958年)
  • 巨人と玩具(1958年)
  • 恋を掏った女(1958年)
  • 夜霧の滑走路(1958年)
  • 別れたっていいじゃないか(1958年)
  • 消された刑事(1958年)
  • 白昼の侵入者(1958年)
  • 不敵な男(1958年)
  • 都会の牙(1959年)
  • 最高殊勲夫人(1959年)
  • 夜の闘魚(1959年)
  • いつか来た道(1959年)
  • 電話は夕方に鳴る(1959年)
  • 暴風圏(1959年)
  • 美貌に罪あり(1959年)
  • 川向うの白い道(1959年)
  • 野火(1959年)
  • 闇を横切れ(1959年)
  • 旅情(1959年)
  • 三兄弟の決闘(1960年)
  • 流転の王妃(1960年)
  • 女経(1960年)
  • 暁の翼(1960年)
  • 男は騙される(1960年)
  • 素敵な野郎(1960年)
  • 熱い砂(1960年)
  • 夜は嘘つき(1960年)
  • 足にさわった女(1960年)
  • 銀座のどら猫(1960年)
  • おとうと(1960年)
  • 顔(1960年)
  • 新夫婦読本 若奥様は売れっ子(1961年)
  • 婚期(1961年)
  • 女は夜化粧する(1961年)
  • 悲しき60才(1961年)
  • 黒い十人の女(1961年)
  • 東京おにぎり娘(1961年)
  • 北上夜曲 北上川の初恋(1961年)
  • 性生活の知恵(1961年)
  • 雑婚時代(1961年)
  • 妻は告白する(1961年)
  • 男の銘柄(1961年)
  • この青年にご用心(1961年)
  • 夢でありたい(1962年)
  • 女は夜霧に濡れている(1962年)
  • 閉店時間(1962年)
  • 黒の試走車(1962年)
  • すてきな16才(1962年)
  • 真昼の罠(1962年)
  • あした逢う人(1962年)
  • 私は二歳(1962年)
  • 女の一生(1962年)
  • 禁断(1962年)
  • 背広の忍者(1963年)
  • 八月生れの女(1963年)
  • 黒の札束(1963年)
  • 夜の配当(1963年)
  • ぐれん隊純情派(1963年)
  • 囁く死美人(1963年)
  • 風速七十五米(1963年)
  • 女が愛して憎むとき(1963年)
  • 黒の商標(1963年)
  • 巨人 大隈重信(1963年)
  • 暗黒街NO.1(1963年)
  • 黒の爆走(1964年)
  • アスファルト・ガール(1964年)
  • 海底犯罪NO.1(1964年)
  • 制服の狼(1964年)
  • 検事霧島三郎(1964年)
  • 女めくら物語(1965年)
  • 兵隊やくざ(1965年)
  • 夜の勲章(1965年)
  • 雲を呼ぶ講道館(1965年)
  • 復讐の牙(1965年)
  • 六人の女を殺した男(1965年)
  • 妻の日の愛のかたみに(1965年)
  • 黒い誘惑(1965年)
  • 密告者(1965年)
  • 新・兵隊やくざ(1966年)
  • 破れ証文(1966年)
  • 復讐の切り札(1966年)
  • 銭のとれる男(1966年)
  • わが愛を星に祈りて(1966年)
  • 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン(1966年)
  • 陸軍中野学校(1966年)
  • 若親分あばれ飛車(1966年)
  • 白い巨塔(1966年)
  • ごんたくれ(1966年)
  • 野良犬(1966年)
  • 女の賭場(1966年)
  • 夜の罠(1967年)
  • 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス(1967年)
  • にせ刑事(1967年)
  • 早射ち犬(1967年)
  • 毒薬の匂う女(1967年)
  • 海のGメン 太平洋の用心棒(1967年)
  • 勝負犬(1967年)
  • 夜の縄張り(1967年)
  • ガメラ対宇宙怪獣バイラス(1968年)
  • ジェットF104脱出せよ(1968年)
  • 怪談おとし穴(1968年)
  • 女賭博師尼寺開帳(1968年)
  • 闇を裂く一発(1968年)
  • フリーセックス 十代の青い性(1968年)
  • 女賭博師みだれ壷(1968年)
  • 女賭博師十番勝負(1969年)
  • 眠狂四郎円月殺法(1969年)
  • ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地(1969年)
  • 天狗党(1969年)
  • 新・与太郎戦記(1969年)
  • 与太郎戦記(1969年)
  • 与太郎戦記 女は幾万ありとても(1970年)
  • 喜劇 おひかえなすって!(1970年)
  • ボクは五才(1970年)
  • すっぽん女番長(1971年)
  • 男一匹ガキ大将(1971年)
  • 樹氷悲歌(1971年)
  • 陸軍落語兵(1971年)
  • 悪名尼(1971年)
  • 股旅(1973年)
  • 君よ憤怒の河を渉れ(1976年)
  • 遠野物語(1982年)
  • 国東物語(1985年)

テレビドラマ[編集]

  • 旅びと(1959年、フジテレビ)
  • 東京タワーは知っている(フジテレビ)
    • 第18話「愛の遺書」(1960年)
  • 葬うには死体がいる(1962年、フジテレビ)
  • 図々しい奴(1963年、TBS)
  • ザ・ガードマン(TBS)
    • 第22話「地上21階の襲撃」(1965年)
    • 第86話「悪者たちは死んだ」(1966年)
    • 第277話「銀行ギャングのふるさとは墓場」(1970年)
    • 第313話「素晴らしきハワイ!恋とビキニと殺人」(1971年)
  • 夜の主役(1968年、日本テレビ)
  • 花は見ていた(1971年、日本テレビ)
  • シークレット部隊(1972年、TBS)
  • 男と女と(1973年、日本テレビ)
  • まごころ(1973年、TBS)
  • 殺意を呼ぶ海(1973年、日本テレビ)
  • 事件狩り(1974年、TBS)
  • 白い牙(1974年、日本テレビ)
  • 愛染かつら(1974年、フジテレビ)
  • おんな浮世絵 紅之介参る!(1974年、日本テレビ)
  • 水もれ甲介(1974年、日本テレビ)
  • 夜明けの刑事(TBS)
    • 第3話「隣りの家の秘密」(1974年)
    • 第55話「七年目に襲われた娘!!」(1976年)
    • 第68話「暴力亭主と別れる方法」(1976年)
  • 丹下左膳 こけ猿の壷篇(1974年、よみうりテレビ)
  • 霧の神話(1975年、日本テレビ)
  • 破れ傘刀舟 悪人狩り(テレビ朝日)
    • 第40話「仕掛けられた罠」(1975年)
    • 第65話「槍しぶき黒田節」(1975年)
  • 母絶唱(1975年、日本テレビ)
  • 快傑ズバット(1977年、テレビ東京)
  • 特捜最前線(テレビ朝日)
    • 第1話「愛の十字架」(1977年)
    • 第12話「地獄に墜ちる愛」(1977年)
    • 第25話「北陸路 七年後の女」(1977年)
    • 第91話「交番ジャック・4人だけの忘年会!」(1978年)
    • 第102話「拳銃哀歌II・狼たちの決算!」(1979年)
    • 第113話「若者狩り・恐怖のラブレター!」(1979年)
    • 第140話「ハナコ・少女売春の街!」(1979年)
    • 第189話「犯罪紳士録に載っている男!」(1980年)
    • 第192話「張込み・靴を磨く刑事!」(1981年)
    • 第215話「シャムスンと呼ばれた女!」(1981年)
    • 第225話「チワワを連れた犯罪者!」(1981年)
    • 第234話「リンチ経営塾・消えた父親たち!」(1981年)
    • 第243話「トランプ殺人事件の謎?!」(1982年)
    • 第247話「警視庁狙撃班にいた男!」(1982年)
    • 第257話「母……」(1982年)
    • 第266話「老刑事、女詐欺師を追う!」(1982年)
    • 第274話「恐怖の診察台!」(1982年)
    • 第283話「或る疑惑!」(1982年)
    • 第293話「木枯らしの街で!」(1982年)
    • 第300話「鏡の中の女!」(1983年)
    • 第309話「撃つ女!」(1983年)
    • 第315話「面影列車!」(1983年)
    • 第324話「紫陽花の見た殺人鬼!」(1983年)
    • 第335話「愛人バンクの女!」(1983年)
    • 第362話「疑惑II 女捜査官の追跡!」(1984年)
    • 第384話「偽装結婚・マトリョーシカを持つ女!」(1984年)
    • 第394話「レイプ・白いハンカチの秘密!」(1984年)
    • 第409話「ベッドタウン殺人事件の死角!」(1985年)
    • 第425話「あるサラリーマンの死!」(1985年)
    • 第431話「単身赴任・妻たちの犯罪パーティー!」(1985年)
    • 第441話「女子中学生殺人事件・冬のコオロギのSOS!」(1985年)
    • 第452話「遺書・指名手配113号の男!」(1986年)
    • 第471話「死に憑かれた女!」(1986年)
  • 気まぐれ本格派(1977年、日本テレビ)
  • 非情のライセンス 第3シリーズ 第19話「兇悪の声紋 カー・フェリー爆破三秒前!」(1980年、ANB / 東映)
  • 新五捕物帳(日本テレビ)
    • 第144話「あした咲く義兄弟」(1981年)
  • 佐武と市捕物控(1981年、フジテレビ)
  • 幽霊温泉(1981年、テレビ朝日)

脚注[編集]

  1. ^ a b 大映宣伝部・番外編の番外 (52) 早川雄三さん、夏木章さん、藤山浩二さん”. 映画が中心のブログです! (2015年2月23日). 2017年11月18日閲覧。
  2. ^ 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、428頁。
  3. ^ 『日本人物レファレンス事典 芸能篇1 (映画・演劇・タレント)』 日外アソシエーツ、2014年。