夏樹れい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏樹 れい(なつき れい 、11月6日 - )は、元宝塚歌劇団星組男役

大阪府池田市[1]雲雀丘学園出身[1]。身長170cm[1]。血液型O型[2]。愛称は「ぽんちょ」、「ちーちゃん」[1]

略歴[編集]

2005年4月、宝塚音楽学校入学。第93期生。同期生には、舞羽美海(元雪組トップ娘役)、十碧れいや芹香斗亜彩風咲奈愛月ひかるなどがいる。

2007年3月、星組宝塚大劇場公演『さくら』/『シークレット・ハンター』で初舞台。その後、星組に配属。

2015年7月からTAKARAZUKA SKY STAGE第3期スカイ・ナビゲーターズを務める。

2017年、『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA』の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 2007年5月~7月、『「さくら」-妖しいまでに美しいおまえ-』/『シークレット・ハンター -この世で、俺に盗めぬものはない-』
  • 2007年9月、(日生劇場)『Kean』デヴィット
  • 2007年11月~2008年2月、『エル・アルコン-鷹-』新人公演:ベッカム(本役:如月蓮)/『レビュー・オルキス―蘭の星―』
  • 2008年4月、(宝塚バウホール)『ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)』
  • 2008年6月~10月、『THE SCARLET PIMPERNEL
  • 2009年2月~4月、『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)-愛する我が街-』新人公演:マーティン(本役:麻尋しゅん)、少年時代のジョイ(本役:天寿光希)/『ア ビヤント』
  • 2009年6月~9月、『太王四神記 Ver.II』新人公演:ヒョンミョン(本役:如月蓮
  • 2009年10月~11月、(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演/日本青年館大ホール)『コインブラ物語』
  • 2010年1月~3月、『ハプスブルクの宝剣 -魂に宿る光-』待従長ヨハン/新人公演:アムシェル・モシェ(本役:美弥るりか)/『BOLERO』
  • 2010年4月~5月、(全国ツアー)『激情-ホセとカルメン-』実業家/『BOLERO』
  • 2010年7月~8月、(梅田芸術劇場メインホール/博多座)『ロミオとジュリエット
  • 2010年10月~12月、『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-』/『愛と青春の旅だち』新人公演:バイロン(本役:英真なおき
  • 2011年1月~2月、(宝塚バウホール/日本青年館大ホール)『メイちゃんの執事-私(わたくし)の命に代えてお守りします-』竜恩寺泉
  • 2011年4月~7月、『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』新人公演:ボールソ(本役:美弥るりか)/『「めぐり会いは再び」-My only shinin’ star- 』
  • 2011年8月‐9月、(宝塚バウホール)『ランスロット』パラメデス
  • 2011年11月~2012年2月、『オーシャンズ11』新人公演:マイク(本役:礼真琴
  • 2012年3月~4月、(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/日本青年館大ホール)『REON!!』
  • 2012年5月~8月、『ダンサ セレナータ』新人公演:ミゲル(本役:礼真琴)/『Celebrity -セレブリティ-』
  • 2012年9月、(宝塚バウホール/日本青年館大ホール)『ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-』アルトワ伯爵
  • 2012年11月~2013年2月、『宝塚ジャポニズム~序破急~』/『めぐり会いは再び 2nd ~Star Bride~』新人公演:ユリウス(本役:天寿光希)/『Étoile de TAKARAZUKA』第16場/リブラ(シャントゥール)(本役:英真なおき
  • 2013年3月~4月、(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/日本青年館大ホール)『南太平洋』ヘンリー、リチャード・ウエスト
  • 2013年5月~8月、『ロミオとジュリエット』新人公演:ベンヴォーリオ(本役:礼真琴紅ゆずる
  • 2013年9月~10月、(東京国際フォーラムホールC/博多座)『REON!!II』
  • 2014年1月~3月、『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』ルイ/新人公演:バラス/フランツI世(本役:一樹千尋
  • 2014年5月~6月、(東急シアターオーブ)『太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~』ラ・ヴォワザン
  • 2014年7月~10月、『The Lost Glory —美しき幻影—』トーマス/『パッショネイト宝塚!』
  • 2014年11月、(日本武道館)『REON in BUDOKAN~LEGEND~』
  • 2015年2月~5月、『黒豹の如く』カミーロ/セブンシーズ/『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き-』
  • 2015年6月~7月、(全国ツアー)『大海賊 -復讐のカリブ海-』拝み屋(海賊)/『Amour それは…
  • 2015年8月~11月、『ガイズ&ドールズ -GUYS & DOLLS-』クバーナの歌手(男)
  • 2016年1月、(東京国際フォーラムホールC/梅田芸術劇場メインホール)『LOVE & DREAM —I. Sings Disney/II. Sings TAKARAZUKA —』
  • 2016年3月~6月、『こうもり …こうもり博士の愉快な復讐劇…』/『THE ENTERTAINER!』
  • 2016年7月、(宝塚バウホール)『One Voice』
  • 2016年8月~11月、『桜華に舞え -SAMURAI The FINAL-』村田新八【薩摩藩士、政府高官】/『ロマンス!!(Romance)』
  • 2017年1月、(東京国際フォーラムホールC)『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』ミッタル【撮影所所長】
  • 2017年3月~6月、『THE SCARLET PIMPERNEL』サン・シール侯爵【パーシーの友人】/座長【コメディ・フランセーズの座長】
  • 2017年7月~8月、(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/日本青年館ホール)『阿弖流為 –ATERUI–』紀古佐美【蝦夷討伐を目論む朝廷の高官】
  • 2017年9月~12月、『ベルリン、わが愛』ジョセフィン・ベイカー/『Bouquet de TAKARAZUKA』 *退団公演

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2013年度版』阪急コミュニケーションズ、2013年、111頁。ISBN 978-4-484-13506-9。
  2. ^ 『ザ・タカラヅカV 星組特集』阪急コミュニケーションズ、2012年、117頁。ISBN 978-4-484-12502-2。