夏疾風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夏疾風
シングル
初出アルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019
B面 After the rain (初回限定盤)
Midsummer Night's Lover (通常盤)
Sparkle (通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル J Storm
作詞・作曲 北川悠仁
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン[2]
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100
  • 2018年度年間11位(オリコン)
  • 2018年度年間22位Billboard Japan Hot 100
  • シングル 年表
    Find The Answer
    (2018年)
    夏疾風
    (2018年)
    君のうた
    (2018年)
    テンプレートを表示

    夏疾風」(なつはやて)は、の楽曲。同グループ55枚目のシングルとして2018年7月25日J Stormから発売された。

    概要[編集]

    • 前作「Find The Answer」から約5ヶ月振りのシングル。
    • 初回限定盤、高校野球盤(初回限定)、通常盤の3種類で発売。
    • 表題曲は朝日放送(ABC)が、2018年に全国高等学校野球選手権大会が100回目を迎えることを記念し、“ABC夏の高校野球応援ソング”として制作されたものである[注 1]。このため、朝日放送テレビ(ABCテレビ)・朝日放送ラジオ(ABCラジオ)での試合中継の他、朝日放送テレビ製作・テレビ朝日系で放送される高校野球ダイジェスト番組『熱闘甲子園』のテーマソングとしても使用された[5]
    • なお、同大会の開催期間中、同曲をアレンジしたものが阪神電鉄甲子園駅の列車接近メロディーとして使用された[6]
    • 表題曲の作詞・作曲は、ゆず北川悠仁が担当。2018年12月5日放送の『2018 FNS歌謡祭』ではゆずとのコラボレーションで本曲を披露した。また、2019年のゆずの弾き語りドームツアーではゆずによるセルフカバーが披露され、2020年3月4日発売のゆずのアルバム『YUZUTOWN』にバンドアレンジで収録された。

    チャート成績[編集]

    2018年8月6日付のオリコン週間シングルチャートで初登場首位を獲得。『PIKA★★NCHI DOUBLE』から44作連続、通算51作目の初登場首位となった。

    CD初週売り上げ枚数:470647枚

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    通常盤[編集]

    1. 夏疾風
      作詞・作曲:北川悠仁ゆず)/編曲:K Project
    2. Midsummer Night's Lover
      作詞:ASIL/作曲:Erik Lidbom、Mr.Mustard/編曲:Erik Lidbom
    3. Sparkle
      作詞:IROCO-STAR/作曲:Josef Melin、Christofer Erixon/編曲:Josef Melin
    4. 夏疾風(オリジナル・カラオケ)
    5. Midsummer Night's Lover(オリジナル・カラオケ)
    6. Sparkle(オリジナル・カラオケ)

    初回限定盤[編集]

    1. 夏疾風
    2. After the rain
      作詞・作曲:Nai-T/編曲:Nai-T、metropolitan digital clique
    3. After the rain(オリジナル・カラオケ)

    高校野球盤(初回限定)[編集]

    1. 夏疾風
    2. 夏疾風(熱闘ブラバン ver.)*Instrumental
      編曲:菊谷知樹
      • 表題曲のブラスバンドアレンジバージョン

    DVD[編集]

    初回限定盤[編集]

    1. 夏疾風」ビデオ・クリップ+メイキング

    高校野球盤(初回限定)[編集]

    1. 夏疾風(高校生コラボ ver.)」ビデオ・クリップ

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 相葉雅紀が今年度の『熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター』に起用されている[3][4]

    出典[編集]