夏美よう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏美 よう(なつみ よう、2月18日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役。元花組星組組長[2]

群馬県[1]共愛学園出身[1]。身長166cm[1]。愛称は「はっち」[1]

来歴[編集]

1974年、宝塚音楽学校入学。

1976年、宝塚歌劇団に62期生として入団。入団時の成績は44番[3]。星組公演「ベルサイユのばらIII」で初舞台[1][2][3]

1977年、星組に配属[3]

1993年、一樹千尋の組長昇格に伴い、星組副組長に就任[2]

1996年12月17日付で、一樹千尋の専科異動に伴い、星組組長に就任[2]

2000年10月1日付で花組へ組替えとなり、花組組長に就任[2]

2012年3月19日付で専科へ異動となる。

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

花組時代[編集]

専科時代[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東京公演では題名が『薔薇ファンタジア』に変更
  2. ^ 東京公演では題名が『美しい忍びの季節』に変更
  3. ^ 宝塚大劇場公演のみ新人公演が2回実施された。
  4. ^ 東京公演では題名が『ニュー・ファンシー・ゲーム』に変更
  5. ^ 日向薫とダブルキャスト
  6. ^ 東京公演では、『魅惑』に変更
  7. ^ 東京公演では題名が『恋の花歌舞伎』に変更

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、9頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f 舞台に懸ける#96「夏美よう」タカラヅカ・スカイ・ステージ
  3. ^ a b c 100年史(人物) 2014, p. 88.

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0。