夏行美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏行美(か こうび、生没年不詳)は、(契丹)の軍人渤海国の出身。

経歴

太平9年(1029年)、大延琳が反乱を起こしたとき、行美は総渤海軍として保州にいた。大延琳が保州に使者を送って反乱に呼応するよう誘ってくると、行美はその使者を捕らえて統軍の耶律蒲古のもとに送り、反乱に呼応しようとしていた人々100人を殺した。大延琳は勢力拡大をはばまれ、城に籠城して守ったが、数カ月で敗れて捕らえられた。行美は功績により同政事門下平章事の位を加えられた。10年(1030年)、忠順軍節度使に抜擢された。

重熙17年(1048年)、副部署に転じ、耶律義先の下で蒲奴里を討ち、その首長の陶得里を捕らえて帰京した。後に致仕して、死去した。

伝記資料

  • 遼史』巻87 列伝第17

今日は何の日(10月17日

もっと見る