夏貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏貴(か き、1198年 - 1280年)は、南宋末期の将軍

人物[編集]

1260年以後、モンゴル帝国(後の)の南下が始まり、淮南を守っていた夏貴はモンゴル軍の攻勢の前にたびたび苦戦を強いられた。しかし敗れたとは言え、郭侃バヤンといったモンゴル側の名将をたびたび危機に陥れるなどして、武名は広く知られるようになった。

呂文煥が守る襄陽への援軍として派遣されるが、中央では権力者・賈似道の妨害を受けた上に、モンゴル軍によって水軍が壊滅させられたこともあって、十分な目的を達することが出来なかった。1275年、賈似道による元討伐軍に参加するが、元軍の前に蕪湖の戦いで大敗してしまい、都・臨安への道を元軍により絶たれたために、淮西に逃れて徹底抗戦をする。

しかし、翌年臨安が陥落して恭帝が降伏したと知ると、恭帝の身の上を案じていた夏貴はバヤンの説得を受けて元軍に降伏した。

降伏後は元の官職を授けられ、弘安の役の蛮子軍(降伏した南宋の軍勢)司令官として任命されるなど重用されたようであるが、出兵前に心ここに在らずの状態で、失意のうちに病死した。人々は、「なぜ、(彼のような忠臣が)79歳で無くして83歳で逝ってしまったのか(降伏した時の年齢が79歳であった)」とその死を惜しんだと言う。

出典[編集]