夕やけ天使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夕やけ天使
ジャンル 児童向けドラマ
放送時間 日曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1960年8月7日1962年9月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 KRテレビ→東京テレビ→TBSテレビ宣弘社
脚本 高垣葵
出演者

馬場勤
松島トモ子
三崎千恵子、

三国一郎ほか
オープニング 「夕やけ天使」(松島トモ子)
テンプレートを表示

夕やけ天使』(ゆうやけてんし)は、1960年8月7日から1962年9月30日までKRテレビ(→東京テレビ→TBSテレビ)系列の毎週日曜19:00 - 19:30(タケダアワー)で放送された児童向けドラマである[1]

概要[編集]

だるま船「かもめ丸」に父・良三と二人きりで住む少年・健チが、チー坊という少年と知り合い、2少年の家が助け合いながら、水上生活を明るく変えてゆくという話。

脚本は前々番組『豹の眼』の原作者高垣眸の息子である高垣葵が務めた[1]

DVD『宣弘社フォトニクル』(2015年)では、映像は現存しないとしている[1]

出演者[編集]

ほか

脚本[編集]

主題歌[編集]

  • 「夕やけ天使」

コミカライズ[編集]

  • 佐藤なみ子によって、月刊誌「ひとみ」(第1期。秋田書店刊)の1960年10月号から1961年3月号まで連載された。
  • みねたろう(峯たろう)によって、月刊誌「たのしい三年生」(講談社刊)の1961年4月号から同年6月号まで連載された。
  • 赤塚不二夫によって、月刊誌「りぼん」(集英社刊)の1961年11月号から1962年9月号に連載された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c DVD『宣弘社フォトニクル』 2015年9月18日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-133 p56 「その他の宣弘社作品・イベント運営」

参考文献[編集]

  • 東京新聞」1960年8月7日付のラジオ・テレビ欄

関連項目[編集]

KRT→東京テレビ→TBS タケダアワー
前番組 番組名 次番組
夕やけ天使