夕陽の笛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みんなのうた
夕陽の笛
歌手 ひばり児童合唱団
作詞者 石本美由紀
作曲者 木下忠司
映像 実写
初放送月 1969年12月-1970年1月
再放送月 2013年12月-2014年1月(ラジオのみ)
テンプレートを表示
歌に歌われている「厳島神社」の社殿と鳥居(海側から)

夕陽の笛』(ゆうひのふえ)は、日本の楽曲。作詞:石本美由紀、作曲:木下忠司、歌:ひばり児童合唱団

1969年12月-1970年1月NHKの『みんなのうた』で紹介。同年度から始まった企画「お国めぐりシリーズ」の第5弾で、広島県厳島神社を題材にし、同神社の夕暮れ風景を歌った楽曲。歌詞には、1168年平家氏神として社殿を造営した平清盛を初めとした「平家」も歌われている。

みんなのうた発掘プロジェクト」により音声が提供され、ラジオのみではあるが、2013年12月-2014年1月に実に44年振りに再放送された。

なお石本の『みんなのうた』提供曲は、本曲が唯一。また木下は後年、1983年2月-3月放送の『へんな家!』(レミー・ブリッカ)の訳詞を担当したのみで、作曲は本曲が唯一。

出典[編集]

  • 「NHKテキスト みんなのうた 2013年12月・2014年1月号」(NHK出版)63 - 65頁 2013年

関連項目[編集]