夕陽を追いかけて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
夕陽を追いかけて
チューリップシングル
B面 別れはいつもものわかりがいい
リリース 1978年6月20日
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 財津和夫
チャート最高順位
チューリップ シングル 年表
WELCOME TO MY HOUSE
1977年
夕陽を追いかけて
1978年
約束
1978年
テンプレートを表示

夕陽を追いかけて」(ゆうひをおいかけて)は、1978年6月20日に発売されたチューリップの通算14枚目のシングル

解説[編集]

年を重ねてしばらくぶりに訪れた故郷についての心境、両親への想いなどを歌っている。シングル曲として発売される以前にライブで先行して演奏されていた。

この曲はタイトルから先に出来た。財津和夫が仕事で東京から福岡へ飛行機で向かっていた時、窓から眺めた夕陽にふと「今、沈む夕陽を追いかけている。追いかけた先には故郷の福岡がある…」と思いを馳せて出来たという[1]

財津としては大切にしていた曲だったが、地味な曲で「求められてないなら、歌ってもしょうがない」と思い込み、ステージであまり歌わなくなったこともあった。しかし、TBS系音楽特番「クリスマスの約束」で小田和正がこの曲を歌い、小田もこの曲を気にかけていたということで、財津も勇気をもらうという形で近年は毎回のようにこの曲を歌うようになったと話している[1]

B面「別れはいつもものわかりがいい」は、財津和夫と姫野達也によるツインボーカル曲。

曲目[編集]

  1. 夕陽を追いかけて
    作詞・作曲:財津和夫 編曲:チューリップ 弦編曲:瀬尾一三
  2. 別れはいつもものわかりがいい
    作詞:財津和夫 作曲:安部俊幸 編曲:チューリップ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京新聞 2015年6月6日夕刊掲載「この道 財津和夫」