夕食ばんざい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夕食ばんざい』(ゆうしょくばんざい)は、1982年(昭和57年)4月1日から2000年(平成12年)3月31日まで、フジテレビで放送されていた平日午前11時台の料理番組である。日本テレワーク(現:ネクステップ)と共同制作。

番組概要[編集]

本番組は『ワイドワイドフジ』の1コーナーとしてスタートし、その後『どうーなってるの?!』まで続いた。収録は、「フジテレビ商品研究所」にて行われた(初期は「新宿リビングブックキッチンスタジオ」より)。

基本的な番組の流れとして、生放送形式の収録(撮って出し)で、ゲスト出演者(またはゲスト料理人)などがレシピを紹介し、調理実演して試食する形式であった。ゲスト出演者も、俳優子役お笑いタレントアイドル声優音楽家など幅広くジャンルから出演した。

初代司会者には、声優の大山のぶ代が起用。大山から1990年の庄野真代担当までは、番組タイトルに司会者の冠タイトルが付けられていた(「大山のぶ代の夕食ばんざい」など)。

生活情報雑誌・ESSEと共同で「ESSE夕食ばんざい大賞」を主催。受賞者(主に一般の主婦)が出演し、受賞したレシピを実演することもあった。

結城貢時代[編集]

1991年9月30日から1998年4月3日までは、料理人料理研究家である結城貢が司会として担当。結城が司会を務めた期間は、アシスタントとして筒井櫻子佐藤里佳がサポートをした。この時期は、ゲスト出演者らが調理し、結城が時折料理人の視点から助言、結城やアシスタントが調理のサポートを行った。基本的に服装は、アシスタントやゲスト出演者はエプロンであったのに対し、結城は甚平を着用した。

毎週金曜日の放送は、結城自ら考案したレシピを紹介し、実演する形を取った。このうち年に数回は、アシスタントである佐藤自ら考案したレシピを実演することもあった。

1993年10月4日から10月7日からの4日間は、俳優であり料理人としての顔持つ梅宮辰夫が出演。この際、全ての調理工程を梅宮に任せ、結城のみ調理中退出する形を取った。

1994年9月8日・9月9日放送では、中国上海で収録し、結城が現地の中華料理を披露した。

歴代出演者[編集]

メイン司会[編集]

アシスタント(結城時代)[編集]

  • 筒井櫻子(1991.9.30 - 1992.4.3)
  • 佐藤里佳(フジテレビアナウンサー、1992.4.6 - 1998.4.3)

ネット局と放送時間[編集]

  1. ネット局
    フジテレビジョン岩手めんこいテレビ(1991年4月開局から)、山形テレビ(1993年3月31日まで)、さくらんぼテレビ(1997年3月のサービス放送中から)、仙台放送福島テレビ新潟総合テレビ(一時期のみ)、長野放送テレビ静岡山陰中央テレビ岡山放送テレビ新広島愛媛放送テレビ愛媛)、高知さんさんテレビ(1997年3月のサービス放送中から)、テレビ西日本(一時期のみ)、テレビ長崎テレビ熊本鹿児島テレビ(一時期のみ)
  2. 単独の番組としてネットしている局
    • 昼前ワイド番組枠を『痛快!エブリデイ』など自社制作の放送に差し替えている関西テレビでは、毎週土曜朝の15分間で、1週遅れと1日のみで放送された。結城またはアシスタント(金曜のみ)が料理2本を行うことになった。

関連番組[編集]

昼前ワイド番組枠
過去に放送されたフジテレビの料理番組

その他[編集]

フジテレビ 平日午前11時台の料理番組
前番組 番組名 次番組
夕食ばんざい
昼前ワイド番組枠に内包