外小股

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

外小股(そとこまた)とは、相撲決まり手のひとつである。出し投げを打った後、相手の踏み出した足(自分に近いほうの足)を外側から手で掬い、相手を倒す技。

関連項目

執筆の途中です この「外小股」は、相撲に関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めています(PJ相撲)。

今日は何の日(8月22日

もっと見る

「外小股」のQ&A