外尾健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

外尾 健一(ほかお けんいち、1924年(大正13年) - )は、日本法学者。専門は労働法東北大学名誉教授・元東北学院大学教授台湾台北市出身

人物[1][編集]

1941年台北州立台北第一中学校卒業。徴兵により、電信第二九連隊に入隊。1946年復員。1948年第一高等学校 (旧制)卒業。1951年(昭和26年)東京大学法学部卒業。1951年東京大学社会科学研究所助手(指導教員:有泉亨)。1956年東北大学法学部助教授。1962年3月31日「フランス労働協約の研究」で東北大学にて法学博士を受ける[2]。1963年東北大学法学部教授。1965年東北大学評議員。1976年東北大学法学部長・同大学院法学研究科長・同評議員を経て1987年東北大学停年退官。東北大学名誉教授。東北学院大学法学部教授。1998年東北学院大学退職。

この他に、1974年旧司法試験第二次試験考査委員、1974年日本学術会議会員、1982年日本労働法学会代表理事(-1984年)を務めた。

弟子に、山口浩一郎らがいる。

研究[編集]

専門領域は、労働法全域で特に労働組合法、労働団体法を研究。労働協約論に造詣が深い。

著書[編集]

  • 『労働法辞典』(有泉亨と共著、一粒社、1961年)
  • 『労働団体法』(筑摩書房、1975年)
  • 『団結権侵害とその救済:不当労働行為制度の比較法的考察』(有斐閣、1985年)
  • 『不当労働行為の法理』(有斐閣、1985年)
  • 『外尾健一著作集第1巻 - 第8巻』(信山社出版、1998年 - 2004年)
  • 『労働法入門』(有斐閣、1965年初版、2009年第7版)
  • 『労働契約法の形成』(信山社出版、2012年)
  • 『東日本大震災と原発事故』(信山社出版、2012年)

この他、労働法に関わる著書が多数ある。

[編集]

  1. ^ 『東北学院大学論集 法律学 55・56号』(東北学院大学、2000.3)17頁以下、山口浩一郎ほか共編『労働保護法の研究 外尾健一先生古希記念』(有斐閣、1994年)489頁以下
  2. ^ 博士論文データベース