外確率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

外確率(がいかくりつ、: exotic probability)とは、[0, 1]の範囲の外側を扱う確率論の一分野である。

外確率に関する論文の主な著者はサウル・ヨッセフである。彼によると、確率値として有効な数は、実数複素数四元数である。[1] ヨッセフは外確率に関する理論としてリチャード・ファインマンポール・ディラック、スタンリー・グッダー、S.スリニヴァサンの論文を引用している。

外確率を量子力学へ応用する研究についてウィリアム・ジェフェリスは、「この方法は必要でない。私の見方では光明どころか混乱を引き起こす。」[2]と述べている。

関連項目[編集]

参照文献[編集]