外角直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
外角 直樹
(そとがく なおき)
人物情報
生誕 1972年
静岡県沼津市
居住 日本の旗 日本
出身校 静岡県立大学大学院薬学研究科
博士後期課程修了
学問
研究分野 医学
研究機関 久留米大学
主な業績 マンガン機能に対する
作用の研究
テンプレートを表示

外角 直樹(そとがく なおき、1972年 - )は、日本医学者神経科学神経糖鎖生物学神経発達再生医学)。学位博士(薬学)静岡県立大学2001年)。久留米大学医学部講師

概要[編集]

1972年生まれ。静岡県立大学の大学院に進み、薬学研究科博士前期課程博士後期課程にて薬学を学んだ。在学中はマンガンに与える影響について調査、研究を行った。2000年に開催された第6回国際微量元素学会でも、マンガンに関する研究発表を行った[1]。これらの成果を『脳におけるマンガンの動態に基づく作用解析』と題した学位論文に纏め、「博士(薬学)」の学位を取得し、博士後期課程を修了した[2]。また、国際微量元素学会での発表をはじめとする在学中の研究業績が評価され、同大学からはばたき賞を授与されている[1][3]

大学院修了後は、久留米大学にて教員となった。同大学の医学部にて助手として勤務し、2007年に医学部の講師に昇任した。現在は、久留米大学の医学部医学科に在籍し、薬理学講座に所属する講師として活動している[4]

研究[編集]

医学、薬学などを専門としており、特に神経科学、神経糖鎖生物学などの領域について研究し、神経発達・再生医学にも取り組んでいる[4]

大学院生時代は、マンガンが脳に与える影響について研究しており、第6回国際微量元素学会でも自身の研究について発表を行った[1]。また、マンガンが脳の神経細胞に与える影響について記した外角の原稿は、フランスで刊行されたMetal Ions in Biology and Medicineにも収録されている[5]

大学教員時代は、引き続き神経に関する分野にかかわっており、特に神経機能の制御にかかわる糖鎖分子について、その構造や作用、および分子機構についての研究に取り組んでいる[4]

略歴[編集]

  • 1972年 - 誕生。
  • 1991年 - 静岡県立沼津東高等学校卒業。
  • 2001年 - 静岡県立大学大学院薬学研究科博士後期課程修了。
  • 2007年 - 久留米大学医学部講師。

賞歴[編集]

  • 2000年 - はばたき賞。

著作[編集]

  • "Brain manganese and neural function", Jose A. Centeno, Philippe Collery, Guy Vernet, Robert B. Finkelman, Herman Gibb and Jean-Claude Etienne, ed. Metal Ions in Biology and Medicine, Vol.6, Montrouge: John Libbey Eurotext, 2000. ISBN 9782742002948

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「受賞」『はばたき』72巻、静岡県立大学広報誌編集会議2000年7月、16頁。
  2. ^ 静岡県立大学博士学位論文』。
  3. ^ 9~18年度の活動実績』。
  4. ^ a b c 「個人別研究者紹介」『久留米大学研究者紹介久留米大学
  5. ^ "Brain manganese and neural function", Jose A. Centeno, Philippe Collery, Guy Vernet, Robert B. Finkelman, Herman Gibb and Jean-Claude Etienne, ed. Metal Ions in Biology and Medicine, Vol.6, Montrouge: John Libbey Eurotext, 2000, pp.440-442.

関連人物[編集]

関連項目[編集]