多々羅川 (徳島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
多々羅川
多々羅川.jpg
徳島市を流れる多々羅川
水系 一級水系 吉野川
種別 準用河川
延長 8.0 km
流域面積 14.0 km²
水源 大久保山
河口・合流先 園瀬川
流域 徳島県徳島市
テンプレートを表示

多々羅川(たたらがわ)は、徳島県徳島市にある吉野川水系河川である。

地理[編集]

徳島市渋野町西部の大久保山から発し、勝占町を通り西新浜町一丁目に流れる。下流の西須賀町には放水路が設けられ、大松川下流に通じている。

川名の由来は、流域が阿波の鐘鋳の中心で、古来の製鉄法を応用して寺院の鐘を鋳造する人々が居住していたことによる。

丈六町西方・西須賀町西方には東を流れる勝浦川により後背湿地化した。水田に利用されるが、夕立の雨にも水害が生ずるほどの低地である。主な生物としてコイハゼタニシジャンボタニシなどが生息している。

橋梁は下大野橋、雑賀橋、新川橋などがある。

流域の施設[編集]

参考文献[編集]