多久茂堯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
多久茂堯
Taku Shigetaka.jpg
多久茂堯
時代 江戸時代
生誕 享保元年10月27日1716年12月10日
死没 明和6年8月6日1769年9月5日
別名 長門
墓所 佐賀県多久市円通寺
主君 宗教重茂
肥前佐賀藩
氏族 後多久氏(多久鍋島家)
父母 父:多久茂明 母:曽雄(多久茂文の娘)
正室:千吉(後於久米)(鍋島直英の娘)
側室:山中氏、田中氏
兼連、茂孝茂鄰、鍋島茂郷

多久 茂堯(たく しげたか)は、江戸時代の武士肥前国佐賀藩士。多久鍋島家(後多久氏)7代当主。鍋島直大の曽祖父。

略歴[編集]

多久茂明の長男として生まれる。元文3年(1738年)、藩の当役(請役家老)となる。元文5年(1740年9月15日小城藩主鍋島直英の娘千吉と結婚する。千吉とは母親同士が姉妹であった。

寛延2年(1749年)12月、藩主の鍋島宗教を引き下ろそうとする陰謀に加担したとして、諫早茂行が一万石減封の上、蟄居となる。寛延3年(1750年)1月、正室の於久米(千吉)と離縁した。6月、減封に反発する諫早家中や領民による諫早一揆(諫早騒動)が起こり、8月に藩命で兵を率いて一揆を鎮圧した。明和4年(1767年)6月、藩政総督を命じられる。

明和6年(1769年)5月に病により職を辞し、8月6日死去した。享年54。菩提寺の円通寺に葬られた。

系図[編集]

  • 正室:千吉(於久米) - 小城藩主鍋島直英の娘
  • 側室:山中氏
    • 長男:兼連
    • 次男:茂孝
  • 側室:田中氏
    • 三男:茂鄰
    • 四男:鍋島茂郷 - 太田鍋島茂恒養子。

血筋[編集]

佐賀藩主鍋島直大の曽祖父である。

多久茂堯―鍋島茂郷―濱(瀧村)―鍋島直大


参考文献[編集]