多久茂鄰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
多久茂鄰
Taku Shigechika.jpg
多久茂鄰
時代 江戸時代
生誕 宝暦9年10月28日1759年12月17日
死没 文政10年5月14日1827年6月8日
別名 龍三郎
墓所 佐賀県多久市円通寺
主君 鍋島治茂斉直
肥前佐賀藩
氏族 後多久氏(多久鍋島家)
父母 父:多久茂堯 母:側室田中氏(田中忠右衛門の娘)
兄弟 兼連、茂孝茂鄰、鍋島茂郷
正室:勝(神代鍋島茂真の長女)
茂澄鍋島直堯

多久 茂鄰(たく しげちか)は、江戸時代武士肥前国佐賀藩士。多久鍋島家(後多久氏)9代当主。

略歴[編集]

宝暦9年(1759年)10月28日、7代当主多久茂堯の妾腹の三男として生まれる。幼名は龍三郎。安永5年(1776年)兄茂孝の養子となる。天明元年(1781年)茂孝が病弱を理由に隠居し家督相続。

安永7年(1778年)藩の当役(請役家老)となる。天明7年(1787年久留米藩との境界争いの交渉を認められ、藩主より太刀と時服を賜った。文化11年(1814年)藩が大坂の借銀主に対して発行していた空米切手が不渡りになり、財政悪化の責任を問われて請役を罷免され、隠居を命じられたため茂澄に家督を譲る。

文政10年(1827年)5月14日死去。享年69。菩提寺の円通寺に葬られた。

参考文献[編集]