多井隆晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
多井 隆晴
Takaharu Ooi 2019.jpg
基本情報
出身地 東京都葛飾区
生年月日 (1972-03-17) 1972年3月17日(49歳)
プロ入会 1995年
所属団体 RMU
Mリーグ
ドラフト 2018年/1巡目
2018- 渋谷ABEMAS
主な実績
Mリーグ2018個人スコア1位
RTDリーグ2016
麻雀日本シリーズ2015、2016
令昭位(第1、3、6、8期)
麻雀最強戦2020 他
テンプレートを表示

多井 隆晴(おおい たかはる、1972年3月17日 - )は、日本競技麻雀のプロ麻雀士。YouTuber[1]東京都葛飾区出身[2]RMU及びMリーグ渋谷ABEMAS所属。RMUでは同団体の代表を務め、同団体最高ランクのSSS級ライセンスを保持している。多くのタイトルを獲得している他、トーク力を活かして様々な番組に出演している。

来歴[編集]

5歳の頃に麻雀を覚え、10歳の頃にはほぼ牌効率をマスターしていたと公言している[3]。20歳の時にプロの試合を見学して刺激を受けプロ入りを決意[1]。1995年、23歳の時に日本プロ麻雀連盟のプロテストに合格し、第12期生でプロデビューした[1]

1997年に新人王となり、鳳凰リーグも順調に昇級し2003年に最上位のA1リーグ入り[1]。他のタイトル戦では準優勝が多く、「シルバーコレクター」と呼ばれた時期もあった[4]が、2002年日本オープン優勝、2005年王位獲得と着実に結果を残した[1]。しかし2006年、A1リーガー、現役王位のまま、土田浩翔阿部孝則河野高志らとともに日本プロ麻雀連盟を退会[1]。RMU(リアル・マージャン・ユニット)の創設に携わり2007年から代表に就任[1]。特に2016年はRTDマンスリーリーグなど多くのタイトルを獲得した。

2018年に開かれたMリーグのドラフトで渋谷ABEMASに一巡目指名を受けた。レギュラーシーズンでは終盤戦で4連勝と11連続連対を達成するなど、476.3ptで個人スコア首位となり(後述)、チームのファイナルシリーズ進出の大きな原動力となった。

雀風[編集]

メンゼン重視の攻撃型、バランス型と評されることがある[誰によって?]が、自身のYouTubeチャンネル「たかちゃんねる」で多井本人が守備型と明言[要出典]した。キャッチフレーズ「最速最強」の名の通り、「誰よりも速く、誰よりも強い麻雀」を標榜している。どんなルールでもあまり打ち方を変えないと公言[要出典]しているが、様々な戦術を取り入れる柔軟さも持っている。

また手牌に安全牌を一枚抱えることが多く、両面待ちが好み。[要出典] あまりに配牌が悪いときは、しばしば第1打からおりていくこともあり、本人は「配牌おり」と呼んでいる。[要出典] テレビ対局の解説やネット麻雀の1人実況では非常にフランクなトークが目立つ一方、理論的な麻雀論を時折織り交ぜている。[要出典]

人物[編集]

  • 趣味は映画鑑賞、漫画、アニメ[5]
  • 麻雀漫画「オーラ打ち! 言霊マンボ」(片山まさゆき作)の主人公、多口万棒のモデル[6]
  • アイドル系にも造詣が深く、NMB48のファン[7]
  • 自称、麻雀界一のけいおん!好き。[要出典]
  • 一人称は「僕」。
  • 2019年に入り、競輪競艇ポーカーなど麻雀以外のジャンルのテレビ番組への出演を増やしている[8]
  • VTuber好きであり、特に郡道美玲のファンであるとたかちゃんねる内で公言している[9]

獲得タイトル[編集]

  • Mリーグ2018個人スコア1位
  • RTDリーグ2016
  • 麻雀日本シリーズ (第1回、第2回)
  • 最強位(2020年[10]
  • 令昭位 (第1、3、6、8、11期)
  • 日本オープン (第1回、第9回)
  • 第5期RMUクラウン優勝
  • 王位 (第31期)
  • 第1回RMU長崎麻雀選手権あじさい記念優勝
  • 2014GⅢウエスタン優勝
  • 2011オープンリーグ優勝
  • 2013オープンリーグ優勝
  • 2013クライマックスリーグ優勝
  • 新人王 (第11期)
  • RMUアワード2007 最優秀選手賞
  • RMUアワード2009 最優秀選手賞
  • RMUアワード2010 最優秀選手賞
  • RMUアワード2011 最優秀選手賞
  • RMUアワード2012 最優秀選手賞
  • RMUアワード2013 最優秀選手賞
  • RTDマンスリーリーグ2016 優勝
  • 2016年度四神王座 優勝
  • 2016年前期クライマックスリーグ
  • 2017年前期クライマックスリーグ
  • 2016年度RMUスプリントカップ アースカップ優勝
  • 2017年 セガ NET麻雀 MJ Arcade 記念大会 優勝
その他優勝多数、決勝進出多数

Mリーグの戦績[編集]

2018年 ドラフト会議で渋谷ABEMASから1位指名された[11]。他のチームメイトは松本吉弘白鳥翔[12]日向藍子(日向は2019シーズンに加入。)。10月2日の第2試合で自身およびチームの初勝利を挙げると10月は7戦4勝と好調を維持。11月に入ると低迷が続き11、12月ではトップを取ることができず1月10日にはチームも6位に沈んだ[13]。1月11日の第2試合でトップを取る[13]と再び好調を維持し、以降レギュラーシーズン終了まで全て1位か2位となる11連対を達成[14]。個人スコアは全21選手中1位となる476.3をあげ[15]、チームも2位でファイナルシリーズへの進出を果たした[16]。ファイナルシリーズ進出について多井は「白鳥(翔)のおかげです。自分のマイナスが300まで行っても、僕らの試合を全部見てくれて、反省点をもとにアドバイスをくれた。彼のおかげで僕らがあるんです」と述べている[17]

Mリーグ成績[編集]

レギュラーシーズン成績
シーズン チーム 半荘 個人スコア 平均打点 4着回避率
Pt 順位 順位 順位
2018[18] 渋谷ABEMAS 27 476.3 1/21 6117 15/21 0.85 3T/21
シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率
2019[19] 渋谷ABEMAS 27 211.4 6/29 59,900 11/29 0.8148 5T/29
2020[20] 25 234.4 6/30 67,800 6/30 0.7600 15/30
通算 79 922.1 67,800 0.8101

※個人賞は規定打荘数(20半荘)以上の選手が対象

出演[編集]

ウェブテレビ[編集]

著書[編集]

  • 「多井隆晴の最速最強麻雀」(2006年 毎日コミュニケーションズ)ISBN 978-4839920821
  • 「最速最強麻雀・多井隆晴の最新麻雀戦術」(2010年 毎日コミュニケーションズ)ISBN 978-4839934439
  • 「多井熱」(2018年 竹書房)ISBN 978-4801914414
  • 「全速力」(2019年 サイゾー)ISBN 978-4866251233
  • 「必勝!麻雀実戦対局問題集 (近代麻雀戦術シリーズ)」(2020年 竹書房)ISBN 978-4801923201

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 多井隆晴「多くの麻雀ファンを喜ばせたい」から始まった未来への準備 Mリーガー列伝(28)” (日本語). 麻雀ウォッチ. 2021年3月6日閲覧。
  2. ^ 近代麻雀編 (2018). 麻雀プロMリーグ選手名鑑. 竹書房. p. 87. ISBN 9784801916609 
  3. ^ 【渋谷ABEMAS】多井隆晴” (日本語). 麻雀ウォッチ. 2021年3月6日閲覧。
  4. ^ 近代麻雀編 (2018). 麻雀プロMリーグ選手名鑑. 竹書房. p. 88. ISBN 9784801916609 
  5. ^ 多井 隆晴(RMU)” (日本語). 麻雀ウォッチ. 2021年3月15日閲覧。
  6. ^ 多井隆晴、「最速最強」を魅せるカリスマプロ雀士” (日本語). キンマweb. 2021年3月9日閲覧。
  7. ^ たかはるボーイ激オコ!?「たろうふざけんな」 『NMB48須藤凜々花の麻雀ガチバトル!りりぽんのトップ目とったんで!』放送決定!” (日本語). 麻雀ウォッチ. 2021年3月9日閲覧。
  8. ^ 「多井プロ、麻雀以外の仕事増やしてて大丈夫?」多井隆晴プロ(渋谷ABEMAS)特別ロングインタビュー【第1回/全5回】 - キンマWEB・2019年7月31日
  9. ^ 【Vtuber】郡道美玲先生のおかげで罰ゲーム【テトリス99】 - YouTube. 2020年7月26日
  10. ^ “多井隆晴、悲願の最強位!「最強位にふさわしい人間にならなきゃいけない」/麻雀最強戦2020”. ABEMA TIMES (AbemaTV). (2020年12月13日). オリジナルの2020年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/DakhU 2020年12月13日閲覧。 
  11. ^ 「Mリーグ」ドラフト会議2018” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2018年8月8日). 2019年3月23日閲覧。
  12. ^ 初代Mリーガー21名誕生” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2018年9月10日). 2019年3月23日閲覧。
  13. ^ a b 作戦無用、ただ勝つのみ! 多井隆晴が超本気モードで10月30日以来の勝利/麻雀・大和証券Mリーグ” (日本語). Abema 麻雀 TIMES. 2019年3月23日閲覧。
  14. ^ これが“最速最強”多井隆晴の快進撃に麻雀好き芸能人「すごすぎて憧れない」/麻雀・Mリーグ” (日本語). Abema 麻雀 TIMES. 2019年3月23日閲覧。
  15. ^ M.LEAGUE(Mリーグ)公式サイト” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ). 2019年3月23日閲覧。
  16. ^ ランキング” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2019年2月13日). 2019年3月23日閲覧。
  17. ^ ファイナル進出上位4チームが生出演「冷静に期待値を」「熱い思いで」と火花バチバチ/麻雀・Mリーグ” (日本語). Abema 麻雀 TIMES. 2019年3月23日閲覧。
  18. ^ 2018年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。
  19. ^ 2019年シーズン結果”. M.LEAGUE. 2021年2月25日閲覧。
  20. ^ Mリーグ公式サイト”. M.LEAGUE. 2021年2月25日閲覧。
  21. ^ 24時間の大激戦が終了 新年初役満、大逆転テンパイに笑顔…涙…/新春オールスター麻雀大会2019” (日本語). Abema 麻雀 TIMES (2019年1月3日). 2019年1月7日閲覧。
  22. ^ 郡道美玲さんの雀魂公式番組『郡道美玲の麻雀ハイスクール』配信開始!初回は多井プロも参戦!…” (日本語). 麻雀ウォッチ (2020年6月25日). 2021年3月24日閲覧。