多国間投資保証機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

多国間投資保証機関(たこくかんとうしほしょうきかん、Multilateral Investment Guarantee Agency; MIGA)は、国際連合専門機関のひとつである。多数国間投資保証機関(たすうこくかんとうしほしょうきかん)とも呼称される。

目次

概要

多国間投資保証機関は、1988年4月に発足し、野村證券副社長の寺澤芳男が初代長官に就任した。

国家による強制収用、通貨送金戦争内戦などのリスクに対する保証(長期政治的危険保証)を投資家ドナーに提供し、開発途上国民間投資を促進することを目的としている。

発展途上国においては、国外からの投資を促進するため、インベスター・リレーションズ活動の支援も実施している。

組織

国際復興開発銀行国際開発協会国際金融公社、投資紛争解決国際センターとともに世界銀行グループを形成している。

歴代長官

多国間投資保証機関長官
氏名 就任 退任 前職
1 寺澤芳男 1988年 1992年 野村證券副社長
2 飯田彬 1992年 1998年 日本貿易振興会理事
3 井川紀道 1998年 2004年 大蔵省国際金融局次長
4 大村由紀子 2004年 2008年 エイズ予防基金代表
5 小林いずみ 2008年 (現職) メリルリンチ日本証券社長

関連項目

今日は何の日(5月25日

もっと見る

「多国間投資保証機関」のQ&A