村山貯水池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
村山上貯水池
Murayama-Kami Reservoir No4.jpg
左岸所在地 東京都東大和市芋窪
位置
河川 多摩川水系多摩川
ダム湖 多摩湖【ダム湖百選
ダム諸元
ダム型式 アースダム
堤高 24.2 m
堤頂長 318.2 m
堤体積 333,000
流域面積 1.3 km²
湛水面積 41 ha
総貯水容量 3,321,000 m³
有効貯水容量 2,983,000 m³
利用目的 上水道
事業主体 東京都
施工業者 ダム事業者直営
着手年/竣工年 ?/1924年
出典 [1]
テンプレートを表示
村山下貯水池
Murayama Reservoir 2.jpg
左岸所在地 東京都東大和市清水
位置
河川 多摩川水系多摩川
ダム湖 多摩湖【ダム湖百選】
ダム諸元
ダム型式 アースダム
堤高 32.6 (32.6) m
堤頂長 610 (587.3) m
堤体積 1,100,000 (836,000)
流域面積 2 (2) km²
湛水面積 111 (111) ha
総貯水容量 12,148,000 (12,148,000) m³
有効貯水容量 11,843,000 (11,843,000) m³
利用目的 上水道
事業主体 東京都
施工業者 (元)ダム事業者直営
(再)大成建設西松建設飛島建設
着手年/竣工年 ?/1927年
出典 [2]
テンプレートを表示
村山下第一取水塔。「日本で一番美しい取水塔」と解説されたパネルがある。北緯35度45分40.6秒 東経139度26分19.4秒 / 北緯35.761278度 東経139.438722度 / 35.761278; 139.438722
村山上貯水池の堤体は県道・都道55号線も兼ねている。この堤体を横断する道路部分は歩行者用の徒歩スペースがないため堤体の下に歩行者通路が整備されている。
堤体補強工事(2007年)
西武園ゆうえんち内アトラクションから撮影した村山貯水池(村山下貯水池)全景。冬季の10月下旬から3月頃までの天候の良い日には富士山を眺めることが出来る

村山貯水池(むらやまちょすいち、英称Murayama Reservoir)は、多摩湖(たまこ、英称Tama Lake)の通称で呼ばれる[3]東大和市狭山丘陵渓谷に造られた1927年(昭和2年)完成の東京都水道局水源管理事務所村山・山口貯水池管理事務所が管理する人造湖である。西の村山上貯水池と東の村山下貯水池に分かれている。また、東京都内の他県にまたがらないの中では最大である。

歴史[編集]

建設背景[編集]

明治以降、人口増加及び水道改善目的で東京市1898年(明治31年)12月1日に淀橋浄水場を竣工させ、1911年(明治44年)3月まで施設能力を増強させたが、それでも市民の増加及び一人当たりの使用量の増加に対応しきれなかった。そのため、東京市の人口増加に対応した水源確保のため[4]、貯水池を新設することとなった。新設は中島鋭治の調査にて、西多摩郡大久野村(現:日の出町)か北多摩郡の6村(清水村狭山村高木村奈良橋村蔵敷村芋窪村)(現:東大和市)にまたがる狭山丘陵の二案が検討され、内部がすり鉢の窪地のため工費が安いという理由で、狭山丘陵に建設することが決定した[5]

立ち退き[編集]

1914年(大正3年)3月頃から1919年(大正8年)12月にかけて土地買収が行われた。建設予定地には小さな部落ごとに161戸が住んでおり、買収価格は当時の村民の収入からしたら高額だったため、反対者は少なかったが、長期にわたる一部の反対者には土地収用法が適応された[6]

着工・竣工[編集]

1916年(大正5年)から1927年(昭和2年)まで10年の歳月をかけ建設された[7]。工事にあたり、資材運搬と導水管(羽村村山線)工事のために羽村-横田間(7.8Km)に軽便鉄道を1918年(大正7年)に着工し1921年(大正10年)に完成した[8]。この鉄道は完成後1924年(大正13年)に廃線となり線路撤去を行ったが、1928年(昭和3年)に山口貯水池建設工事の際に羽村-横田間の線路引き直しを行い、横田-山口貯水池堰堤間の延伸工事を行い、1929年(昭和4年)には資材運搬に利用された。廃線跡の一部は武蔵村山市は野山北公園自転車道として、羽村市は神明緑地として整備された。

竣工後[編集]

  • 1943年(昭和18年)から1944年(昭和19年)にかけて、太平洋戦争中に爆撃対策として羽村山口軽便鉄道を復活させ砂利を運び、貯水池の堤体(堤防)の嵩上げ工事を行いコンクリートで強化する。
  • 1945年(昭和20年)、米軍により、山口貯水池を含めて5回(4月4日、4月12日、5月25日、6月10日、6月11日)の爆撃を受ける[9]
  • 1985年(昭和60年)、山口貯水池と合わせて、近代水道百選(日本水道新聞社)に選ばれる。
  • 2003年(平成15年)から2009年(平成21年)3月かけて、耐震補強工事が行われる。工事中は堤体付近への立ち入りが出来なくなっていたが、完成に伴い一般市民へと開放された。その工事の状況などを説明している「村山下貯水池工事インフォメーションセンター」、工事の状況が見られる「見晴台」が堤体の南側に設置されていた。
  • 2005年(平成17年)、ダム湖百選(一般財団法人水源地環境センター)に選ばれる。
  • 2007年(平成19年)、山口貯水池と合わせて、土木学会選奨土木遺産(公益社団法人土木学会)に選ばれる。

施設[編集]

村山上引入れ水門
羽村線出口に設置された幅4.000m、開度3.900mの水門
村山上取水塔
ダム南岸に設置された、内径7.879m高さ27.511mの取水塔で、取水口4個を有し、それぞれの取水口のゲートの名称は、最下段を一号ゲート、以降、上段に向かって二号ゲート、三号ゲート及び四号ゲートと呼称する。
村山下第一取水塔
ダム南岸に設置された、内径7.879m高さ27.061mの取水塔で、取水口7個(最下段は2個)を有し、それぞれの取水口のゲートの名称は、最下段の左を一号ゲート、右を二号ゲート、以降、上段に向かって三号ゲート、四号ゲート、五号ゲート、六号ゲート及び七号ゲートと呼称する。
村山下第二取水塔
ダム南岸に設置された、内径7.000m高さ27.400mの取水塔で、取水口7個(最下段は2個)を有し、それぞれの取水口のゲートの名称は、最下段の左を一号ゲート、右を二号ゲート、以降、上段に向かって三号ゲート、四号ゲート、五号ゲート、六号ゲート及び七号ゲートと呼称する。

完成当初は多摩川の水を羽村取水堰で取り入れ、導水管にて村山貯水池に導いて貯水し[10]、ここから境浄水場へ導水して浄水処理を行い、和田堀浄水池淀橋浄水場を経て東京市内へ給水された。淀橋浄水場が東村山浄水場に統合されて以後は、村山貯水池-東村山浄水場-境浄水場-和田堀浄水池を経由する。 また、第一村山線と第二村山線で東村山浄水場及び境浄水場に原水を送水するが、バックアップ用として東村山浄水場経由で朝霞浄水場及び三園浄水場にも送水することがある。

村山貯水池周辺の空中写真。1989年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

名称[編集]

村山貯水池は現在の武蔵村山市からも東村山市からも外れており現在は東大和市にあるが、「村山」という名称は付近の旧地名である「村山郷」から名付けられた。

一方で通称として「多摩湖」とも呼ばれるが、これは竣工以降、行楽客で賑わっている貯水池[11]の最寄に鉄道を敷いている西武鉄道池袋駅構内で客に観光地としてふさわしい名称のアンケートを取る際に提起した[12]ことに始まる。

村山貯水池が登場する作品[編集]

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 村山上貯水池の諸元は「ダム便覧」(2014年5月17日閲覧)及び「堀内輝志『東やまとの散策道-他の歴史と狭山丘陵の自然に育まれた多摩湖の村』遊無有、2009年8月20日、p227。ISBN 978-4-86082-010-7。」による。
  2. ^ 村山下貯水池の諸元は「ダム便覧[1][2]」による。堤高・堤頂長・堤体積・総貯水容量・有効貯水容量・流域面積・湛水面積については再開発後の値に続けて括弧内に再開発前の値を記した。施工業者については上段に当初施工業者を、下段に再開発施工業者を記した。竣工年は当初のものを記した(2014年5月17日閲覧)。
  3. ^ 『特別展 鉄道の開通と小さな旅-西武・東上沿線の観光-』練馬区立石神井公園ふるさと文化館、平成24-09-22、p54。
  4. ^ 『玉川上水 その歴史と役割』羽村市教育委員会、平成18-06-01、p96。
  5. ^ 山本和加子『青梅街道 ―江戸繁栄をささえた道―』聚海書林、1984年、237頁。
  6. ^ 山本和加子『青梅街道 ―江戸繁栄をささえた道―』聚海書林、1984年、238-240頁。
  7. ^ 『玉川上水 その歴史と役割』羽村市教育委員会、平成18-06-01、p97。
  8. ^ 『多摩湖の歴史』東大和市多摩湖遺跡群調査会・東大和市教育委員会、1980年3月、p305。
  9. ^ 『東大和市史資料編2 多摩湖の原風景』東大和市史編さん委員会、東大和市、1995年、79-81頁。
  10. ^ 『村山・山口貯水池建設工事写真集』村山市教育委員会、平成7年10月31日、p17。
  11. ^ 『東大和市史資料編2 多摩湖の原風景』東大和市史編さん委員会、東大和市、1995年、83-85頁。
  12. ^ 『東大和市史資料編2 多摩湖の原風景』東大和市史編さん委員会、東大和市、1995年、88-89頁。

座標: 北緯35度45分48.5秒 東経139度25分1.6秒 / 北緯35.763472度 東経139.417111度 / 35.763472; 139.417111