多摩美術短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多摩美術短期大学
大学設置 1950年
創立 1935年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人多摩美術短期大学
本部所在地 東京都世田谷区玉川上野毛町33[1]
キャンパス 第一校舎(東京都世田谷区)
第二校舎(神奈川県川崎市[2]
学部 絵画科
造形図案科
彫刻科
テンプレートを表示

多摩美術短期大学(たまびじゅつたんきだいがく、英語: Tama Art Junior College[3])は、東京都世田谷区玉川上野毛町33[1]に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置。学生募集は1952年度まで。翌年度より多摩美術大学の設置により短期大学は学生募集を停止し、1955年3月21日 正式廃止[4]

概要[編集]

大学全体[編集]

短期大学制度が発足した1950年に設置された、日本私立短期大学である。芸術系3学科を置き、いずれも修業年限3年制となっていた(『全国私立大學・短期大學入学案内』では、「2年制」と表記されている[2])。キャンパスは、本部である東京都世田谷区のほか、神奈川県川崎市にも置かれていた[2]

沿革[編集]

  • 1935年 同盟休校事件が発生し、帝国美術学校(現武蔵野美術大学)より多摩帝国美術学校として分離独立する(現在法的な繋がりはない)。
  • 1947年 専門学校令による専門学校に昇格、多摩造形芸術専門学校と改称
  • 1950年 多摩美術短期大学開学。
    • 絵画科
    • 造形図案科
    • 彫刻科
  • 1952年度をもって学生募集を終了とする。以後、多摩美術大学へ移行。
  • 1955年3月21日 正式廃止[4]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 第一校舎(東京都世田谷区玉川上野毛町33)[1]
  • 第二校舎(神奈川県川崎市久本135)[2]

年度別学生数[編集]

通学課程[編集]

- 絵画科 造形図案科 彫刻科 出典
入学定員 50[4] 40[4] 10[4] -
総定員 150 120 30 -
1954年 男44
女6
男26
女6
男2
女0
[5]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 絵画科 :50名[4]
  • 造形図案科: 40名[4]
  • 彫刻科: 10名[4]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 井上欣治:本短大の学長に就任。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住居表示変更により、現在は上野毛3-15-34となっている。
  2. ^ a b c d e 『全国私立大學・短期大學入学案内』(昭和27年度用:日本私立大學協會 日本私立短期大學協會共編)、220頁より。
  3. ^ History of Tama Art University(英語)より。2014年9月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』265頁より。
  5. ^ 昭和30年度版『総覧』1376頁。廃止寸前の人数である。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]