多景島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多景島
Biwako Takei island2012.jpg
琵琶湖汽船「雪見船」より望む多景島
座標 北緯35度17分47秒 東経136度10分41秒 / 北緯35.29639度 東経136.17806度 / 35.29639; 136.17806
面積 --- km²
海岸線長 0.6 km
最高標高 101.3 m
所在海域 琵琶湖
所属国・地域 日本滋賀県
地図
多景島の位置(滋賀県内)
多景島
多景島 (滋賀県)
テンプレートを表示

多景島(たけしま・たけいしま)は、琵琶湖竹島[1]武島(たけしま)とも。琵琶湖国定公園第1種特別地域。所属住所は滋賀県彦根市八坂町である。[2]

概要[編集]

  • 元は島内に竹が多く自生していることから「竹島」といっていたが江戸時代に荒神山から土を運び植林した。木が成育すると島を眺める方向によって多様な景色に見えることから多景島と呼ばれる。[3]
  • 滋賀県彦根市八坂町の沖あいに位置する。1655年明暦元年)に長浜・妙法寺僧慈雲院 日請上人が島内に日蓮宗見塔寺を開寺する。
  • 島内全域が見塔寺の敷地になっている。
  • 島全体が花崗岩で形成されている。

史跡など[編集]

  • 題目岩「南無妙法蓮華経」の文字が彫られた岩。高さ10m。- 桜田門外の変の際に岩から鮮血が滲み出たとの言い伝えがある。
  • 誓いの御柱 五箇条の御誓文が刻まれている。高さ20m。
  • 日蓮上人像
  • 釈迦断食行像[4]
  • 石造七重層塔
  • 見晴らし岬
  • カワニナの一種タケシマカワニナ Biwamelania takeshimensis は、学名・和名ともに多景島に因み、この島の周辺のみに生息する固有種とされ、環境省のレッドリストで準絶滅危惧に指定されている。

交通アクセス[編集]

多景島への便はオーミマリンが運行

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]