多目的室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

多目的室(たもくてきしつ)とは、様々な用途で利用できる部屋のことである。

新幹線の多目的室[編集]

新幹線の多目的室は、身体の不自由な人や歩行が困難な人が、優先的に利用できる個室である。原則として全ての車両に設置されており、大人1人が横になることができる程度のベッドを兼ねた座席が備え付けられている。通常は施錠されている。また、車両によっては、介護者用の椅子も備え付けられている[1]

学校の多目的室[編集]

学校の多目的室は、普通教室や特別教室では行うことが困難な学習を実施するための教室である[2]。例えば、天井が開いたり、暗幕を閉じることでDVDを見たりすることができる学校もある[3]

多目的トイレ[編集]

ユニバーサルデザインの考え方に従い、多機能化し、たくさんの設備が設置されているトイレのこと。おむつ換えシートやベビーチェア、オストメイト対応設備、高齢者や妊婦のためのベンチやベッドなどが設置されている[4]

なお、多目的トイレは一般的に車椅子を利用する人やベビーカーを押している人が使用するものと認知されているため、トランスジェンダーの人などが使いやすい「オールジェンダートイレ」とは別々のものであることが推奨されている[5]

多目的ホール[編集]

多目的室を題材とした楽曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新幹線の多目的室のご案内|JR新幹線ネット”. jr-shinkansen.net. 2020年11月15日閲覧。
  2. ^ 【スタディピア】中学校内の施設・設備/その他”. www.homemate-research-junior-high-school.com. 2020年11月17日閲覧。
  3. ^ 多目的室”. 東京大学教育学部附属中等教育学校. 2020年11月17日閲覧。
  4. ^ 多目的トイレのマナーを知ってね!”. ud-shizuoka.jp. 2020年11月15日閲覧。
  5. ^ トランスジェンダーの7割強がオールジェンダートイレの利用を希望、TOTOが調査”. www.outjapan.co.jp. 2020年11月17日閲覧。