多治比長野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
多治比長野
時代 奈良時代
生誕 慶雲3年[1]706年
死没 延暦8年12月22日790年1月11日
別名 永野
官位 従三位参議
主君 称徳天皇光仁天皇桓武天皇
氏族 多治比氏
父母 父:多治比家主
真継、真宗
テンプレートを表示

多治比 長野(たじひ の ながの)は、奈良時代公卿。名は永野とも記される。大納言多治比池守の孫。鋳銭長官多治比家主の子。官位従三位参議

経歴[編集]

天平神護元年(765年従五位下叙爵称徳朝では刑部大判事・造東内次官・大和介を経て、神護景雲3年(769年)従五位上に叙せられる。

光仁朝では、宝亀2年(771年正五位下、宝亀7年(776年)正五位上、宝亀9年(778年従四位下と順調に昇進する一方、宝亀8年(777年民部大輔を挟んで、三河守出雲守摂津大夫と主に地方官を歴任した。

桓武朝でも、延暦3年(784年)従四位上、延暦4年(785年正四位上と引き続き順調に昇進を続けながら、伊勢守近江守といった地方官や、刑部卿を歴任する。延暦6年(787年)従三位に叙せられて公卿に列し、延暦8年(789年)正月に参議に任ぜられたが、同年12月22日薨去。享年84。最終官位は参議兵部卿従三位。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公卿補任
  2. ^ 『続日本紀』延暦8年12月22日条
  3. ^ 中田憲信『皇胤志』
  4. ^ 『日本後紀』弘仁14年6月11日条

参考文献[編集]