多治見シネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:2004年まで使用されていた建物(取り壊し済)の画像提供をお願いします。2018年9月
多治見シネマ
Tajimi Cinema
地図
多治見シネマの所在地
情報
正式名称 多治見シネマ
旧名称 キネマ多治見館、多治見大映
開館 1925年1月5日
閉館 2004年1月31日
最終公演ラストサムライ
客席数 2スクリーン計230席
(120席・110席)
用途 映画上映
運営 大五興行株式会社
所在地 507-0835
岐阜県多治見市錦町3丁目6
位置 北緯35度19分47.9秒 東経137度07分41.7秒 / 北緯35.329972度 東経137.128250度 / 35.329972; 137.128250座標: 北緯35度19分47.9秒 東経137度07分41.7秒 / 北緯35.329972度 東経137.128250度 / 35.329972; 137.128250
最寄バス停 東鉄バス「広小路」停留所

多治見シネマ(たじみシネマ)は、かつて岐阜県多治見市錦町3丁目にあった映画館

1925年(大正14年)1月5日にキネマ多治見館(キネマたじみかん)として開館し、高度経済成長期には大映作品を上映する多治見大映(たじみだいえい)に改称した。1990年(平成2年)4月にはコロナグループ傘下に入って多治見シネマに改称し、2004年(平成16年)1月31日をもって閉館した。多治見シネマが閉館したことで岐阜県東濃地区から映画館がなくなった。

歴史[編集]

年表[編集]

  • 1925年(大正14年)1月5日 : キネマ多治見館(多治見館)として開館。
  • 高度経済成長期 : 多治見大映に改称。
  • 1990年(平成2年)4月 : 多治見シネマに改称。
  • 2004年(平成16年)1月31日 : 閉館。

キネマ多治見館[編集]

開館年の1925年に来館した栗島すみ子

1893年(明治26年)には岐阜県土岐郡多治見町錦町3丁目の新羅神社の北側に西ヶ原遊郭が移転し、この地域は遊郭を中心ににぎわいを見せた。1925年(大正14年)1月5日、多治見町初の常設映画館として新羅神社の南側にキネマ多治見館(多治見館)が開館した[1]。同年3月には愛知県名古屋市などでも人気があった『母九巻・大毎ニュース・バクダットの盗賊』などが上映されている[1]。8月に日活の『大地は微笑む』が上映された際には、女優の飯田蝶子栗島すみ子(いずれも『大地は微笑む』の出演者ではない)が舞台上で挨拶を行い、超満員の観客から喝采を浴びた[1]

1931年(昭和6年)11月には田中絹代主演の『マダムと女房』が上映されたが[2]、この作品は日本初の本格的なトーキー映画である。多治見館は愛知県瀬戸市の映画館と連携して経営されたため、(フィルムの輸送が間に合わずに)定刻から一時間も上映開始が遅れることもあった[1]

昭和20年代末に上映された『七人の侍

太平洋戦争の戦時色が濃くなった1944年(昭和19年)には豊岡劇場とともに多治見館も閉館しており、多治見で営業を続ける映画館は榎元座のみとなった[2]。戦後の1947年(昭和22年)にはハンフリー・ボガート主演の『カサブランカ』(1942年・アメリカ)、マルク・アレグレ英語版監督作『乙女の湖英語版』(1934年・フランス)、ヴィクトル・ユーゴー原作の『ノートルダムの傴僂男』(1939年・アメリカ)、セシル・B・デミル監督作『大平原』(1939年・アメリカ)などの洋画が相次いで上映された[3]。同年の邦画では、『路傍の石』(1938年・日活)、成瀬巳喜男作『鶴八鶴次郎』(1938年・東宝)、長谷川一夫主演の『藤十郎の恋』(1938年・東宝)などが上映された[3]

1960年の多治見市の映画館(4館)[4]
多治見館(白銀町)
榎元座(新町)
多治見文化劇場(本町)
多治見東映劇場(栄町)

昭和20年代末には黒澤明監督作『七人の侍』(東宝)、美空ひばり市川雷蔵が共演した『歌ごよみ お夏清十郎』(新東宝)、ウィリアム・ワイラー監督作『ローマの休日』、ヴィクター・フレミング監督作『風と共に去りぬ』などが上映され[3]、『七人の侍』などはとても人気があった[5]多治見市立池田小学校はクラス全員で小学校から多治見館まで歩いてから映画を観る鑑賞会を行っていた[6]

映画黄金期の多治見には4館の映画館があり[4]、キネマ多治見館のほかは1882年(明治15年)に芝居小屋として開館した榎元座(松竹・東映)、1947年(昭和22年)に豊岡劇場から改称した文化劇場(映画と実演)、1956年(昭和31年)1月26日に開館した多治見東映(東映)だった。映画黄金期の昭和30年代には東濃地区だけで約20館の映画館が存在した[7]

多治見大映[編集]

多治見シネマ北側の新羅神社
1980年の多治見市の映画館(2館)[8]
多治見大映劇場(錦町3-6)
多治見東映劇場(栄町1-37)

1966年(昭和41年)以後にはキネマ多治見館が多治見大映に改称し、流行の喜劇シリーズなど大映作品を上映した[9]高度経済成長期のテレビの普及や娯楽の多様化などが理由で、文化劇場は1963年(昭和38年)11月に閉館し、榎元座は1970年(昭和45年)4月に閉館し、多治見の映画館は多治見大映と多治見東映の2館となった[10]。1970年代には山口百恵主演の青春映画などがヒットした[9]。1980年(昭和55年)の多治見市にあった映画館は多治見大映と多治見東映の2館だった[8]

『多治見市史 通史編 下』が刊行された1987年(昭和62年)時点では、東濃地区全体を見渡しても映画館は多治見大映と多治見東映から改称した多治見グランド(2スクリーン)のみである[10]。1980年代末には多治見グランド1・2も閉館し、多治見大映は多治見最後の映画館となった。多治見大映は高山市の高山京極大映なども手掛ける大五興行株式会社が運営していたが、1980年代後半からはレンタルビデオの普及などが理由で経営が悪化した[9]

多治見シネマ[編集]

2000年の多治見市の映画館(4館)[11]
多治見シネマ(錦町3-6)
多治見シネマ2(錦町3-6)
多治見グランド1(栄町1-37)
多治見グランド2(栄町1-37)

1990年(平成2年)4月には愛知県小牧市に本社を置いてアミューズメント施設を運営するコロナグループ傘下に入った[12][9]。コロナグループは効率化のために館内を2館に分け、多治見大映から多治見シネマ1・2に改称した。さらにカラオケコーナーを併設するなどして経営改善を図った[9]。1998年(平成10年)1月には『タイタニック』が大ヒットし、月間観客数は約15,000人だった[12]

しかし駐車場が狭いという問題は克服できず、また同一施設内に多数のスクリーンを持つシネマコンプレックスが台頭したことで、2003年(平成15年)10月の月間観客数は約2,200人にまで落ち込んだ[12]。同秋に閉館が決定し[12]、2004年(平成16年)1月31日をもって閉館した[9][7]。最終日の上映作品は『ファインディング・ニモ』、『マトリックス レボリューションズ』、『ラストサムライ』だった[9]

多治見シネマが閉館したことで、中津川市恵那市なども含む東濃地区から映画館がなくなった[13]。多治見市からもっとも近い映画館は(県外の)愛知県小牧市にある小牧シネマワールド(現・小牧コロナシネマワールド)であり、2004年4月6日からは岐阜新聞東濃版に小牧シネマワールドの上映時間情報が掲載されるようになった[13]。多治見シネマは1925年の開館から2004年の閉館まで同一の建物を使用していたが、この建物は2007年(平成19年)から2008年(平成20年)頃に取り壊され、駐車場となった跡地の右隣には谷口美容室が建っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『多治見市史 通史編 下』p.555
  2. ^ a b 『多治見市史 通史編 下』p.563
  3. ^ a b c 『多治見市史 通史編 下』p.565
  4. ^ a b 『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。1960年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」も参照した。
  5. ^ 吉岡勲・丹羽秀夫(監修)『写真集 思い出のアルバム 多治見』郷土出版社、1984年、p.135
  6. ^ 思い出から聞く多治見の映画館 バロー文化ホール情報誌「多文ねっと」、2018年4月・5月号
  7. ^ a b 「東濃地方最後の銀幕閉じる 『多治見シネマ』休館」『朝日新聞』2004年2月3日
  8. ^ a b 日本映画製作者連盟配給部会『映画館名簿 1980年』時事映画通信社、1979年。1980年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」も参照した。
  9. ^ a b c d e f g 「東濃地方唯一の映画館 『多治見シネマ』今月限り ビデオ、DVDに客奪われ閉館へ 最後の出し物『ラストサムライ』など」『中日新聞』、2004年1月29日
  10. ^ a b 『多治見市史 通史編 下』p.566
  11. ^ 日本映画製作者連盟配給部会『映画館名簿 2000年』時事映画通信社、1999年。2000年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」も参照した。
  12. ^ a b c d 「多治見シネマ旧館へ 東濃最後の“映画の灯”消える 再開めどなく市民『残念』」『岐阜新聞』、2003年12月26日
  13. ^ a b 「6日から映画上映時間掲載 小牧シネマワールド」『岐阜新聞』、2004年4月4日

参考文献[編集]

  • 多治見市『多治見市史 通史編 下』多治見市、1987年