多田グリーンハイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

多田グリーンハイツ(ただグリーンハイツ)は、兵庫県川西市に所在するニュータウンである。

西武グループ国土計画)企業であった朝日化学工業(のちの西武化学工業)が同市の多田山林約231万平方メートルを開発を目的に取得[1]1966年分譲を開始。それを継承した西武流通グループの企業であった西武都市開発(のちの西洋環境開発[2]三井信託銀行が開発を進展させた。緑台・向陽台・水明台(全て川西市)が所属している。

最寄り駅は能勢電鉄平野駅。同駅前のバスターミナルから出発する阪急バスが中を循環している。

これらの開発計画と関連して、1960年代には西武グループによる能勢電鉄の買収計画が立てられていたことがあった(その後、阪急電鉄が能勢電鉄の増資を引き受けたことにより西武による買収計画は消滅した)。

歴史[編集]

会員世帯・人口[編集]

  • 4,884世帯、14,038人(2017年現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.239
  2. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.240

参考文献[編集]