多田仁美 (ハンドボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
多田 仁美
Hitomi Tada
Handball pictogram white.svg
三重バイオレットアイリス #15
ポジション LB
所属リーグ 日本の旗 日本ハンドボールリーグ
基本情報
日本の旗 日本
出身地 長野県千曲市
生年月日 (1991-10-13) 1991年10月13日(27歳)
身長・体重 166 cm
70 kg
利き腕
出身 駿台甲府高等学校
日本体育大学
所属クラブ
クラブ
2014- 日本の旗 三重バイオレットアイリス
代表歴
2013 日本の旗 日本 U-22
2014-2015 日本の旗 日本 U-24
2016-  日本
受賞歴
  • ベストセブン賞:2016年・2017年
テンプレートを表示

多田 仁美(ただ ひとみ、1991年10月13日 - )は、長野県千曲市出身のハンドボール選手。日本ハンドボールリーグ三重バイオレットアイリス所属。

経歴[編集]

日本体育大学時代は2013年の関東学生ハンドボール・春季リーグで得点王(82得点)に輝き、優秀選手賞を受賞[1]。秋季リーグでは57得点を挙げ、2年連続で得点王のタイトルを獲得した[2]

2014年日本ハンドボールリーグ三重バイオレットアイリスへ加入[3]

2016年にはヒロシマ国際ハンドボール大会の日本代表に選出[4]。2016-17年シーズンはリーグ3位となる70得点を記録し、ベストセブンに選出された[5]

2017年アジア選手権の日本代表に選出された[6]。2017-18年シーズンはリーグ3位の134得点を挙げ[7]、2年連続でベストセブン賞を受賞[8]

2018-19年シーズンはリーグ8位となる105得点を挙げた[9]

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

チーム 試合 フィールド
得点
7m 合計 警告 退場 失格
2014-15 MVI 18 57/123 .463 0/0 57/123 3 2 0
2015-16 12 37/85 .435 7/12 44/97 2 0 0
2016-17 18 56/127 .441 14/18 70/145 5 2 0
2017-18 24 111/216 .514 23/29 134/245 4 1 0
2018-19 24 74/166 .446 31/41 105/207 3 5 0
JHL:5年 96 335/717 .467 75/100 410/817 17 10 0
  • 各年度の太字はリーグ最高

JHLプレーオフ[編集]

チーム 試合 フィールド
得点
7m 合計 警告 退場 失格
2016-17 MVI 北國銀行戦 (準決勝) 3/9 .333 1/1 4/10 0 0 0
2017-18 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング戦 (1stステージ) 2/7 .286 0/0 2/7 0 0 0
2018-19 オムロン戦 (1stステージ) 3/8 .375 1/2 4/10 0 0 0

タイトル・表彰[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

  • ベストセブン賞:2回 (2016年・2017年)

社会人選手権[編集]

  • ベストセブン:2回 (2016年・2017年)

記録[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

背番号[編集]

  • 15 (2014年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  • 多田仁美 - 三重バイオレットアイリス (公式サイト)