多田満長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
多田満長

多田 満長(ただ みつなが、1886年明治19年)4月14日[1]1951年昭和26年)2月9日[2])は、衆議院議員立憲民政党)、ジャーナリスト

経歴[編集]

千葉県君津郡神納村(現在の袖ケ浦市)出身。多田子之助の二男として生まれ[3]、兄の昌太郎は君津郡会議員・神納村長を務めた[4]千葉師範学校に入学するが、病のため退学した[4]。その後明治学院を経て、1911年(明治44年)に早稲田大学政治経済科を卒業した[1]。卒業後は大日本通信社を創設し、社長を務めた。

1930年(昭和5年)、第17回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。5回連続当選を果たした。その間、廣田内閣逓信参与官を、阿部内閣外務政務次官を務めた。戦後の1946年(昭和21年)、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『帝国人事大鑑』
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『人事興信録』
  4. ^ a b 『千葉県十傑列伝』p.18-20
  5. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。

参考文献[編集]

  • 寺田瑛 『千葉県十傑列伝』 報知新聞社、1928年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第9版』 人事興信所、1931年
  • 『昭和十一年度版 帝国人事大鑑』 帝国日日通信社、1935年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年