多田神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
多田神社
Tada-jinja, haiden-1.jpg
拝殿(国の重要文化財
所在地 兵庫県川西市多田院多田所町1-1
位置 北緯34度51分40.6秒
東経135度24分9.4秒
座標: 北緯34度51分40.6秒 東経135度24分9.4秒
主祭神 源満仲(一の宮)
源頼光(二の宮)
源頼信(三の宮)
源頼義(四の宮)
源義家(五の宮)
社格県社
別表神社
創建 天禄元年(970年
本殿の様式 入母屋造
別名 多田院(旧称)
例祭 4月10日(春季例大祭)
10月27日(秋季例大祭)
主な神事 神幸式(4月第2日曜日)
地図
多田神社の位置(兵庫県内)
多田神社
多田神社
テンプレートを表示
境内入り口

多田神社(ただじんじゃ)は、兵庫県川西市多田院多田所町にある神社旧社格県社で、現在は神社本庁別表神社

六孫王神社京都府京都市南区)、壺井八幡宮大阪府羽曳野市)とともに「源氏三神社」の1つ。前身は「多田院法華三昧寺」と呼ばれた天台宗のち真言律宗寺院であり、境内は現在でも「多田院」の名称で国の史跡に指定されている。初期清和源氏の本拠地であった旧摂津国多田[1]に鎮座する源氏一門の祖廟であり「清和源氏発祥の地」とも呼ばれる。

祭神[編集]

清和源氏発展の礎を築いた源満仲からその曾孫・源義家までの五公を祀る。

  • 源満仲(みなもと の みつなか)
    神号正一位 多田大権現」。六孫王源経基の長男。安和の変を契機に中央政界における武門としての地位を築き、諸国の受領を歴任。二度摂津守を務めた後、郎党と共に摂津国多田に入部し原初的武士団を養成した。晩年は出家して多田院を創建した。
  • 源頼光(みなもと の よりみつ)
    満仲の長男として藤原摂関家に仕え、諸国の受領を歴任し富を蓄えた。後世、頼光四天王を従えての酒呑童子討伐や土蜘蛛退治の伝説などで広く知られる。父より摂津国の地盤を継承し摂津源氏の祖となった。
  • 源頼信(みなもと の よりのぶ)
    満仲の三男として兄と共に藤原摂関家に仕え諸国の受領や鎮守府将軍を歴任。武勇に優れ、平忠常の乱を平定したことにより源氏の東国進出の足掛かりを築いた。晩年、河内守を務めた後に同国に地盤を築き、河内源氏の祖となった。
  • 源頼義(みなもと の よりよし)
    頼信の長男として武に優れ、諸国の受領や鎮守府将軍を歴任しながら東国において勇名を馳せる。前九年の役を平定したことにより東国における源氏の名声を確たるものとした。
  • 源義家(みなもと の よしいえ)
    頼義の長男として誕生し「八幡太郎」の通称は広く知られる。父に続き諸国の受領や鎮守府将軍を歴任し、東国における武門の棟梁的存在として後三年の役を平定した。その武威は遍く知れ渡り「天下第一武勇之士 」と称された。

歴史[編集]

天禄元年(970年)に清和源氏の祖・摂津守源満仲住吉大神の御神託を受けて当地に居館を構え、満仲の末子源賢を開山として天台宗寺院・多田院鷹尾山法華三昧寺(通称多田院)が建立された。その際に円融天皇より「此の城をもって禁裏守護職武門の棟梁万代の居城たるべし」との勅諚を賜ったとされる。このことから当地は清和源氏発祥の地と呼ばれている。以後、満仲は自らの武士団(後の多田院御家人)を率いてその館と多田院を中心に多田荘の開発に勤しんだ。

本尊の丈六釈迦如来像は満仲、文殊菩薩像は満仲の長男源頼光普賢菩薩像は次男源頼親四天王像は三男源頼信がそれぞれ願主となって作られたものである。平安時代長徳3年(997年)8月27日に満仲が没すると多田院に葬られ、新たに廟所と満仲像を祀る御影堂が建立された。

以後は清和源氏の祖廟とされたが、多田源氏の没落と続く源氏将軍家の断絶に加え、戦乱、災害などにより次第に衰微していった。鎌倉時代中期には鎌倉幕府執権北条泰時が多田荘の地頭となり、以後は得宗家が地頭職を相伝した。そこで幕府は多田院社殿の大規模な復興を行うこととし、文永10年(1273年)に西大寺忍性を造営奉行に任じて再興させた。これにより多田院の宗旨は天台宗から真言律宗に転じ、やがては源頼光も祀るようになった。幕府は正応6年(1293年)には摂津国内に棟別銭10文を課して多田院の修築費用に充てさせている。

正和5年(1316年)10月13日には多田院堂供養が行われ、渡辺氏能勢氏、塩川氏など50数名の多田院御家人が出席している。

室町時代に入ると清和源氏である将軍足利尊氏が崇敬し、以後室町幕府の保護を受ける。延文3年(1358年)には2代将軍足利義詮によって尊氏の分骨が多田院に納められ、これ以降歴代足利将軍の遺骨が分骨されることとなった。なお、満仲の廟所はまれに「多田院鳴動」といって大事件の前触れとして廟が音を立てて震えることがあったという。室町時代だけでも、応永22年(1415年)、応永34年(1427年)、寛正5年(1464年)、文明4年(1472年)、文明14年(1482年)、長享元年(1487年)、延徳3年(1491年)、永正4年(1507年)の8回あったという。文明4年(1472年)には鳴動に関連して満仲に従二位が贈位されている。

戦国時代天正5年(1577年)には織田信澄の軍勢による兵火によって社殿が焼失し以後荒廃したが、江戸時代に入り姫路藩榊原忠次老中小田原藩稲葉正則や多田院御家人の子孫などによって社殿の寄進や修復が行われ、なかでも清和源氏を称した徳川将軍家による崇敬を受け、寛文5年(1665年)に4代将軍徳川家綱によって寺領500石の寄進を受け、寛文7年(1667年)には本殿、拝殿、随神門などが再建された。そして分骨を納めた足利将軍家を倣い歴代徳川将軍の位牌が代々本殿に納められることとなる。さらに元禄8年(1695年)には5代将軍徳川綱吉による社殿の修復がなされ、その徳川家との強い結び付きから「西日光」とも称された。そして、満仲に「正一位多田大権現」の神号が贈られると次第に多田院は寺から神社の色合いが強くなっていった。

明治時代になると政府による神仏分離令により、仏教寺院であった多田院は従来の源満仲源頼光源頼信源頼義源義家河内源氏三代を合わせた五公を祀る神社に移行した。その際、南大門にあった金剛力士像が1871年(明治4年)に満願寺に、境内の鐘楼西大寺に移されるなどしている。

境内[編集]

本殿(国の重要文化財)
源満仲・頼光廟
  • 本殿 - 寛文7年(1667年徳川家綱により再建。
  • 御神廟 - 源満仲源頼光墳墓。さらにこれを取り囲むように足利尊氏以下、歴代足利将軍の分骨が埋葬される。
  • 拝殿 - 寛文7年(1667年)徳川家綱により再建。
  • 鬼首洗池 - 源頼光が取ってきた酒呑童子の首を洗ったとされる池。
  • 神馬舎
  • 宝蔵庫
  • 神輿庫
  • 随神門 - 八脚門。寛文7年(1667年)徳川家綱により再建。
  • 宝物殿 - 昭和4年(1929年)再建。源家宝刀の鬼切丸を所蔵している。
  • 旧多田院釈迦堂跡
  • 妙法蓮華経記念碑 - 正徳二年(1712年)国家安寧祈願のための法華経読誦一万部・書写百部の奉納を記念して建立された。
  • 政所殿 - 昭和61年(1986年)に建築された儀式殿兼武道館。
  • 政所門
  • 南門 - 延宝4年(1676年)の再建。旧多田院の仁王門。
  • 東門 - 徳川家綱により再建。
  • 西門 - 徳川家綱により再建。
  • 徳川光圀奉納の木
  • 横綱貴乃花奉納の木
  • 横綱奉納の木

摂末社[編集]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 多田神社 3棟(建造物) - 1966年(昭和41年)6月11日指定[2]
    • 本殿(附 御本社目録1冊、棟札4枚) - 江戸時代中期、寛文7年(1667年)造営。桁行五間・梁間三間の入母屋造で、向拝三間を付し、屋根は檜皮葺。
    • 拝殿(附 御拝殿目録1冊) - 江戸時代中期、寛文7年(1667年)造営。桁行七間・梁間三間の入母屋造で、正面・背面に向拝三間を付し、屋根は檜皮葺。
    • 随神門(附 八足門目録1冊) - 江戸時代中期、寛文7年(1667年)造営。三間一戸の八脚門。切妻造で、屋根は本瓦葺。
  • 多田神社文書(四百九十二通) 43巻(附 寛文三年、貞享五年多田院文書修理目録3巻)(古文書) - 鎌倉時代から桃山時代の文書。1988年(昭和63年)6月6日指定[3]

国の史跡[編集]

  • 多田院 - 1951年(昭和26年)6月9日指定[4]

登録有形文化財(国登録)[編集]

  • 宝物殿(建造物) - 2019年(平成31年)3月29日登録[5]

兵庫県指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 南門(建造物) - 江戸時代、延宝4年(1676年)の造営。桁行三間・梁間二間の切妻造で、屋根は本瓦葺。1968年(昭和43年)3月29日指定[6]
    • 東門(建造物) - 江戸時代初期の造営。切妻造で、屋根は本瓦葺。1968年(昭和43年)3月29日指定[6]
    • 西門(建造物) - 江戸時代初期の造営。切妻造で、屋根は本瓦葺。1968年(昭和43年)3月29日指定[6]
    • 六所神社本殿(建造物) - 江戸時代初期の造営。三間社流造で、中央間に軒唐破風を付し、屋根は檜皮葺。1969年(昭和44年)3月25日指定[6]
    • 厳島神社本殿(建造物) - 江戸時代初期の造営。一間社流造で、屋根は檜皮葺。1969年(昭和44年)3月25日指定[6]

川西市指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 多田神社随神門の随神(彫刻) - 1981年(昭和56年)1月28日指定[5]
    • 多田神社神輿(工芸品) - 1974年(昭和49年)3月30日指定[5]
    • 多田神社本殿内宮殿(工芸品) - 1974年(昭和49年)3月30日指定[5]
    • 多田神社本殿内厨子(工芸品) - 1974年(昭和49年)3月30日指定[5]

アクセス[編集]

拝観時間[編集]

  • 拝観時間 : AM6:00-PM5:00/日・祝のみAM9:00-PM4:00(宝物殿)

川西市源氏まつり[編集]

四月には、源満仲や源頼光、源頼信、源義家から源実朝までの歴代の源氏の武将の武者行列のある「源氏まつり」が盛大に行われ、巴御前静御前らの女性は公募で選ばれた女性たちが扮する。源氏の霊廟の性格から、源氏の個々の武士ではなく、清和源氏の武士がほぼ全員登場するところが特徴。また、『平家物語』では鹿ケ谷の密告者として評判のよくない多田行綱も、当社の源氏まつりでは、源頼朝源義経源義仲などと同じく源氏の主要な武将の一人として馬上の武者行列に登場する。人気があるのは公募で選ばれた女性が扮する巴御前などの女性陣である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 多田については多田荘を参照。
  2. ^ 多田神社 > 本殿 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    多田神社 > 拝殿 - 国指定文化財等データベース(文化庁
    多田神社 > 随神門 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  3. ^ 多田神社文書(四百九十二通) - 国指定文化財等データベース(文化庁
  4. ^ 多田院 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  5. ^ a b c d e 市内の指定文化財一覧(川西市ホームページ)。
  6. ^ a b c d e 県指定文化財一覧 (PDF) (兵庫県立教育研修所)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]