多紀道忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

多紀 道忍(たき どうにん、1890年(明治23年)1月24日 - 1949年(昭和24年)10月26日)は、日本の僧侶

京都市大原にある、大原寺来迎院の子院、浄蓮華院の多紀道覚の弟子。大原寺勝林院子院の宝泉院滝本深達に天台宗大原流声明をまなぶ。のち叡山学院教授、比叡山専修院教授を歴任。声明五線譜化を研究し、その普及につとめた。五線譜声明曲集「天台声明大成」(共著)がある。滋賀県出身。天台宗西部大卒。旧姓は竹内。