多胡真蔭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

多胡 真蔭 (たご さねかげ、生年不詳 - 享保2年12月14日1718年1月15日))は、江戸時代前期の武士津和野藩亀井家の江戸家老。500石。通称は外記(げき)。主水と記している書もあるが、誤伝である。

石見国津和野藩初代家老多胡真清の四男として誕生。正保3年(1644年)9月に200石で召しだされ、藩主亀井茲政の嫡男茲朝付きの家老となった。万治3年(1660年)正月に100石の加増を受けるが、寛文5年(1665年)7月、不調法があり暇を願い出て、15年間京都で隠居した。延宝7年(1679年)再び茲政に召返され、先の知行のままで家老職に復した。茲政の死後も新藩主亀井茲親を支えた。貞享3年(1686年)7月、加判役となり、のちに加増されて都合500石となる。

元禄11年(1698年)3月、藩主茲親が勅使(この年は柳原資廉正親町実豊)の饗応役を任じられたが、この際に吉良義央のいじめを受けて、耐えかねた茲親はこの苦情を真蔭にもらしたという。真蔭は刃傷に及ばぬよう諫める一方で、密かに金遣役を呼んで、納戸金一箱を取り出させ、これを「菓子源氏巻」として吉良本邸へ持参し、主君の無礼を詫びたうえ、指導引き回しを懇願した。翌日より義央の茲親への態度は急に優しくなったので、茲親も無事に役目をやりとげることができたという。この時の逸話がモデルとなって歌舞伎仮名手本忠臣蔵』の桃井若狭之助(亀井茲親)と加古川本蔵(多胡真蔭)が誕生した。

享保2年(1717年)12月14日に死去。島根県鹿足郡津和野町後田の永明寺に葬られた。法名は無為休伯居士。