多賀弘明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

多賀 弘明(たが ひろあき、1934年3月21日 - )は、日本のレーシングドライバー早稲田大学卒業[1]東京都出身[2]

略歴[編集]

日本のモータースポーツ黎明期に活躍したドライバーの一人。1963年第1回日本グランプリでは、トヨペット・クラウンを駆ってC-VIクラスに出場、優勝を飾っている。

1964年には「トヨタモータースポーツクラブ(TMSC)」の設立に関与。当初TMSCの主催で行われていた富士1000kmなどのレースの運営に携わっていたほか、日本自動車連盟(JAF)スポーツ委員会のメンバーとしても活動した[3]2013年には、日本グランプリ50周年を記念して発足したゴールドスタードライバーズクラブの会長に就任した(2016年11月に退任)。

現在も現役ドライバーとしてレース参戦を続けており、2014年7月にはツインリンクもてぎで開催された7時間耐久レースに、日本グランプリ優勝時のクラウンの再現車(1964年型トヨタ・クラウンRS41改)で出場[4][1]2016年10月にMEGAWEBで行われた「TOYOTA MOTOR SPORTS DREAM DRIVE DREAM LIVE 2016」にも、同クラウンRS41改を自ら駆り登場した[5]。また2015年2月に行われた電王戦×TOYOTA リアル車将棋では早稲田大学自動車部監督として、羽生善治側の車の制御を担った[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]