夜の会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夜の会議[1](よるのかいぎ、古希: νυκτερινὸς σύλλογος: nocturnal council)とは、プラトンが最後の対話篇である『法律』の末尾で提示した、哲人王に代わる国制法律の保全策としての機構。

『法律』10巻の908Aと909Aで初めて言及され、最終巻である12巻の961A以降で詳細にその内容が述べられる。

名称[編集]

名称に関わる時間帯についての記述は、10巻の908Aと909A、12巻の961Bと962Cと968Aの計5箇所あり、961Bのみで「早朝(ὄρθριον)に」と言及される以外は、全て単に「夜(に/の)」と言及されている。

そこで岩波書店の「プラトン全集」やその文庫版(岩波文庫)などでは、間をとって「夜明け前」という表現に翻訳表現を統一し、「夜明け前の会議」という名称も用いているが、原文にはそこまで限定的な表現の記述は無い。

構成員と資格[編集]

『法律』12巻(961A-B)において、「夜の会議」の構成員は以下のように説明される。

  • 護法官の中の最年長者10名
  • 監査官全員
  • 視察員の内、他の会員による審査で認定された者
  • 各会員がそれぞれ1人同伴できる、事前に他の会員の承認を得た、30歳以上の適格な若者


また彼らは、『国家』における「哲人王」と同じく、幾何学天文学を含む数学諸学科などの予備学を修めた上で、雑多なものから一なる形相(イデア)を導き出していく能力を養われ、また、諸天体が神々の「最善の魂」の知性(ヌース)によって動かされていることを理解して「敬神」の心を持ちつつ、国制・法律の目的である徳・善を追求・護持していける者であることが求められる[2]


彼らは、公私の用事から解放される夜に会議を持つので、これを「夜の会議」と呼ぶ。そして、この会議が国家全体の「」(いかり)として投じられていれば、それが必要な条件を満たしている限りは、国制・法律を安全に保ってくれると述べられる[3]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「夜の会議」と法の支配 丸橋裕 ギリシャ哲学セミナー
  2. ^ 『法律』963B-968E
  3. ^ 『法律』961C

関連項目[編集]