夜の踊り子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夜の踊り子
サカナクションシングル
初出アルバム『sakanaction
B面 multiple exposure
リリース
規格 マキシシングル
録音 2012年
ジャンル ロック
テクノ
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 山口一郎
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位オリコン
  • 2012年8月度月間22位(オリコン)
サカナクション シングル 年表
僕と花
(2012年)
夜の踊り子
(2012年)
ミュージック
(2013年)
ミュージックビデオ
「夜の踊り子」 - YouTube
テンプレートを表示

夜の踊り子」(よるのおどりこ)は、サカナクションの7枚目のシングル2012年8月29日ビクターエンタテインメントから発売された。略称は「YNO

概要[編集]

前作から約3ヶ月ぶりとなるシングル

カップリングにはセルフリミックスした「僕と花」を収録。バンド名義でリミックスするのは初めてとなる。

今作はDVD付きの初回限定盤とCDのみの通常盤の2形態で販売。初回限定盤は特殊パッケージ仕様となっており、DVDが付属されている。付属のDVDには、同年行われたツアー「SAKANAQUARIUM 2012 ZEPP ALIVE」のファイナル公演の模様と、無観客で撮り下ろした「ZEPP ALIVE ALONE」と題したパフォーマンスを、ハイスペックカメラやバイノーラルマイクといった機材を用いて撮影された映像を収録[1]。なお、タワーレコードHMVTSUTAYAでの購入特典「夜に光るステッカー」が先着でプレゼントされる[2]SWEET LOVE SHOWER 2012RUSH BALL 2012両フェス会場のみの購入特典は「踊」「跳」の2文字が入ったタトゥーシール・セットをプレゼント[3]

ミュージック・ビデオ[編集]

「夜の踊り子」のミュージック・ビデオは「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」を手がけた田中裕介をディレクターに、北澤“momo”寿志をスタイリスト兼クリエイティブ・ディレクターに迎えて制作された[4]

ロケ地は富士山の麓で、メンバーは和服を身に纏い、踊り子が踊る中でパフォーマンスしている[4]。踊り子役で若手日本舞踊家の 花柳凜花柳流 )と藤蔭里燕(藤蔭流)が出演している[5]ほか、三浦由衣が出演している[6]。踊り子の振り付けは日本舞踊花ノ本流家元の花ノ本海が担当した[4]

収録曲[編集]

(作詞・作曲:山口一郎/編曲:サカナクション)

  1. 夜の踊り子[5:06]
  2. multiple exposure[5:21]
  3. 僕と花(sakanaction Remix)[6:44]

DVD[編集]

初回版のみに収録。

  • SAKANAQUARIUM 2012“ZEPP ALIVE ALONE”
  1. 僕と花
  2. 僕と花(sakanaction Remix)
  3. ネイティブダンサー
  4. アイデンティティ
  5. ルーキー
  • SAKANAQUARIUM 2012“ZEPP ALIVE”
  1. 夜の踊り子

備考[編集]

  • 2012年8月27日TOKYO FMの『SCHOOL OF LOCK!』にて「夜の踊り子」が初めてフルサイズでオンエアされた[7]
  • 同年8月31日放送のテレビ朝日系の音楽番組ミュージックステーション』に出演し、「夜の踊り子」を披露した。サカナクションとしては2度目の出演であったが、前回の「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」ではデジタル楽器を用いたのに対して、今回は従来のバンドスタイルで披露した。

脚注[編集]

  1. ^ サカナクション、シングル初回限定盤に実験的ライブ映像、ナタリー、2012年7月21日。
  2. ^ サカナクション「夜の踊り子」トレーラーYouTubeで公開、ナタリー、2012年8月23日。
  3. ^ 踊! 跳! サカナクション、フェス会場限定で漢字タトゥー、ナタリー、2012年8月31日。
  4. ^ a b c サカナクション「夜の踊り子」PVで和装パフォーマンス - ナタリー(2012年8月28日)2012年8月28日閲覧。
  5. ^ サカナクション 新曲は和服PVで 花柳凜 藤蔭里燕出演 - 和風通信(2012年8月29日)2012年8月30日閲覧。
  6. ^ News - 三浦由衣オフィシャルウェブサイト(2012年8月28日)2012年8月30日閲覧。
  7. ^ サカナクション、今夜SOLで「夜の踊り子」フル尺オンエア - ナタリー(2012年8月27日)2012年9月2日閲覧。