夜叉龍神社 (揖斐川町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夜叉龍神社
Yasyaryu Jinjya Ibigawa01.jpg
所在地 岐阜県揖斐郡揖斐川町坂内川上
位置 北緯35度36分57.1秒
東経136度21分36.5秒
主祭神 夜叉龍神
創建 1647年(正保4年)
テンプレートを表示

夜叉龍神社(やしゃりゅうじんじゃ)は、岐阜県揖斐郡揖斐川町坂内川上(旧坂内村)にある神社である。

夜叉ヶ池にゆかりのある神社である。

祭神[編集]

  • 夜叉龍神
    • 夜叉ヶ池伝説の龍神。雨乞いにご利益があるという。詳しくは夜叉ヶ池夜叉堂を参照。

沿革[編集]

  • 1647年正保4年) 大垣藩藩主戸田氏鉄によって建立。西濃の水神として祀ったという。この地には夜叉姫が髪を洗ったといわれている池(お洗池)が存在していた。
  • 1895年(明治28年) 洪水による鉄砲水で流出。
  • 1934年(昭和9年) 揖斐川電気(現イビデン)の協力で再建。

交通[編集]

交通機関[編集]

自動車[編集]

その他[編集]

  • 揖斐川電気はこの近くに水力発電所を保有していたことから、雨乞いの神として再建に協力したという。現在もイビデンの役員は、この夜叉龍神社に参拝するのが恒例行事という。
  • 国道303号沿線の夜叉ヶ池の登山口に通じる林道の分岐点にある。なお、夜叉ヶ池登山口に鳥居が、夜叉ヶ池のほとりに奥宮夜叉龍神社がある。