夜明けのブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夜明けのブルース
五木ひろしシングル
B面 芙美子(4月25日発売盤)
山河(2012バージョン)(9月5日発売盤)
リリース
規格 シングル
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル キングレコード/ファイブズエンタテインメント
作詞・作曲 レーモンド松屋(作詞・作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間13位(オリコン
  • 2012年度年間97位(オリコン)
  • 五木ひろし シングル 年表

    2011年
    夜明けのブルース
    2012年
    博多ア・ラ・モード
    2013年
    テンプレートを表示

    夜明けのブルース」(よあけのブルース)は、2012年4月25日に発売された五木ひろしのシングル。同年9月5日には、カップリングが違うバージョンのシングルもリリースされた。

    解説[編集]

    • 愛媛県松山市の繁華街・二番町を舞台とした恋愛をテーマにした曲[1][2]2018年1月13日には、同市二番町2丁目の第1ミツワビル前に、歌詞・顔写真・サイン入りの歌碑(高さ約2m、幅約3m)が建立された。歌碑手前のボタンを押すとメロディーが鳴る(6時~24時)仕組みとなっている。
    • キャンペーンのため、2012年4月28日に五木は松山市内を41年ぶりに練り歩いた[3]
    • 2012年5月7日付のオリコン演歌・歌謡シングルチャートで1位を獲得した。

    収録曲[編集]

    2012年4月25日発売盤[編集]

    1. 夜明けのブルース
      作詞・作曲:レーモンド松屋/編曲:レーモンド松屋・伊平友樹
    2. 芙美子
      作詞・作曲:レーモンド松屋/編曲:伊平友樹
    3. 夜明けのブルース(オリジナルカラオケ)
    4. 芙美子(オリジナルカラオケ)
    5. 夜明けのブルース(女声用カラオケ)

    2012年9月5日発売盤[編集]

    1. 夜明けのブルース
      作詞・作曲:レーモンド松屋/編曲:レーモンド松屋・伊平友樹
    2. 山河(2012バージョン)
      作詞:小椋佳/作曲:堀内孝雄/編曲:川村栄二
    3. 夜明けのブルース(オリジナルカラオケ)
    4. 山河(2012バージョン)(オリジナルカラオケ)
    5. 夜明けのブルース(女声用カラオケ)

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 五木ひろし氏への「松山うたこころ大使」任命式
    2. ^ 五木「紅白で歌いたい」ご当地ソング- 日刊スポーツ(2012年4月28日)
    3. ^ 五木ひろしが松山で41年ぶりの練り歩き- 日刊スポーツ(2012年4月29日)
    4. ^ ラジオ深夜便:深夜便の歌”. 日本放送協会. 2013年1月31日閲覧。
    5. ^ 2012年紅白は白組の勝利/紅白詳細- 日刊スポーツ(2012年12月31日)