夢のうた/ふたりで…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夢のうた/ふたりで…
倖田來未シングル
初出アルバム『Black Cherry
A面 夢のうた
ふたりで…
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル rhythm zone
作詞・作曲 倖田來未(作詞)
山口寛雄(作曲、#1,#2)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2006年度年間25位(オリコン)
  • 倖田來未 シングル 年表
    4 hot wave
    (2006年)
    夢のうた/ふたりで…
    (2006年)
    Cherry Girl/運命
    (2006年)
    テンプレートを表示

    夢のうた/ふたりで…」(ゆめのうた/ふたりで)は、日本の歌手倖田來未の33枚目のシングル。2006年10月18日rhythm zoneから発売。

    解説[編集]

    • CD+DVD」の初回盤は、ボーナス・トラック2曲収録+特殊カラー背帯仕様+9ッ折スペシャルフォトライナーが封入され、「CDのみ」の初回盤は、ボーナス・トラック2曲収録+特殊カラー背帯仕様+8ページスペシャルブックレット仕様となっており、両A面シングルで、2曲ともメロディは同じだが、歌詞やアレンジが違うという仕上がりになっている。

    2曲ともにストーリー仕立てのミュージック・ビデオが制作され、倖田の恋人役に俳優渡部篤郎が出演している。

    「夢のうた」で、第39回日本有線大賞第48回日本レコード大賞 最優秀歌唱賞を受賞した。

    「夢のうた」は、歌詞の内容は別れの悲しみをテーマにしたもの。こちらは、元彼が毎日のように夢の中に出てきた時の気持ちを歌った楽曲である[1]。歌番組では、当楽曲を歌う事が多かった。この曲で同年末の『第57回NHK紅白歌合戦』出場し、披露した。本作について倖田は「デモテープで聞いた時点からこの曲は行ける」と思い、制作に取り掛かったと語っており、いざ作詞しようとしたが、悲しい言葉が思い浮かぶばかりであったと言い、とにもかくにも自分の中の言葉の全てを吐き出してみようと書き出して出来たのが「夢のうた」であったと言う[2]

    「ふたりで…」は育む幸せをテーマにしたもの。クリスマス風のアレンジとなっている。こちらは「夢のうた」のデモテープを聞き、女性スタッフと相談したところ、「幸せな曲に仕上げて欲しい」と要望が出、「夢のうた」が完成した後に「幸せな曲」と言うアイデアも無駄にしたくないと思い、作られたのが「ふたりで…」であったと言い、また、友人の結婚式のために作ったウェディングソングでもあるという[3]

    ラジオで先行公開された音源とは若干アレンジが変わっている。テレビではあまり歌われず、同年の12月20日に発売された5thアルバム『Black Cherry』、2010年に発売されたベストアルバム『BEST〜third universe〜』にも収録されておらず、本楽曲はこのシングルのみの収録となっている。

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    初回盤[編集]

    1. 夢のうた
      編曲:渡辺徹
    2. ふたりで…
      編曲:h-wonder
      • テレビ朝日系ドラマ『だめんず・うぉ〜か〜』最終回挿入歌、ドワンゴTVCMソング。
    3. 夢のうた〜Quartet version〜 (Bonus track)
      Remixed by udai shika
    4. ふたりで…〜WHOOSH MIX〜 (Bonus track)
      Remixed by Cube Juice
    5. 夢のうた (Instrumental)
    6. ふたりで… (Instrumental)

    通常盤[編集]

    1. 夢のうた
    2. ふたりで…
    3. 夢のうた (Instrumental)
    4. ふたりで… (Instrumental)

    DVD[編集]

    1. 夢のうた (music video)
    2. ふたりで… (music video)
    3. 夢のうた/ふたりで… (making video)

    収録アルバム[編集]

    夢のうた

    脚注[編集]

    [ヘルプ]