夢のビッグスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夢のビッグスタジオ
ジャンル 歌謡番組
放送時間 木曜 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1982年4月8日 - 1982年5月27日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
プロデューサー 皇達也
出演者 タモリ
西田敏行
古舘伊知郎
佐々木正洋
南美希子
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
テンプレートを表示

夢のビッグスタジオ』(ゆめのビッグスタジオ)は、1982年4月8日から同年5月27日までテレビ朝日系列局で放送されていたテレビ朝日製作の歌謡番組である。全8回。放送時間は毎週木曜 22:00 - 22:54 (日本標準時)。

概要[編集]

当時木曜21時台に放送され、怪物的視聴率を誇っていたTBSの『ザ・ベストテン』への対抗番組として放送[1]。司会を務めていたのはタモリ西田敏行で、タモリが主に番組全体の進行役を担当し、西田が自身の持ち味を生かしたコーナーを担当するという形を取っていた[2]

番組は、スタジオ内に作られたタモリ家のサロンに当日出演の歌手やゲストを迎え、ホームパーティー風のくつろいだ雰囲気の中で進められた。また、毎回目玉となる企画も織り込んでいた[2]。第1回の出演者は、美空ひばり沢田研二郷ひろみ松田聖子近藤真彦シャネルズピエール・ポルトイモ欽トリオ[2]

『ザ・ベストテン』と同じく生放送を行っていたが、当初から西田のスケジュールが合わず、西田の出演コーナーのみをVTR収録にして凌いでいた[1]。また、タモリの司会も若い歌手と噛み合わずに不協和音が出て、結果視聴率は6.7%と『ザ・ベストテン』の2割もない数字を出して低迷した[1]。テコ入れで、古舘伊知郎(当時テレビ朝日アナウンサー)がタモリと司会を務める形になったが、視聴率の低迷により、テレビ朝日が担当プロデューサーである皇達也の更迭を決定すると、タモリが「局がプロデューサーを更迭するのに、メインの出演者が居座るなんてできない」と引責辞職を表明し、西田・古舘と共に6回で番組を降板した[1]

タモリの行動は、当時のマスメディアに美談として取り上げられた[1]。あわてた局側はともに当時テレビ朝日アナウンサーだった佐々木正洋南美希子の2人に司会をさせて急場を凌いだが、結局8回で打ち切ることになった[1]

これにより、テレビ朝日はこの時間帯で国産ドラマ『新・海峡物語』、海外ドラマ『ダラス 愛と憎しみの二重奏』(木曜21:00枠から移動・改題)、そして本番組と打ち切り番組を連発させてしまい、局にとっては痛い結果となった。その後同時間帯では、土居まさるあべ静江が司会を務める『木曜ヒットショー』が同年秋までのつなぎ番組としてスタートした[3]

タモリはその後、1987年に『ミュージックステーション』2代目MCに就任したことで音楽番組の司会に復帰した。古館も、1985年にフジテレビ夜のヒットスタジオ』(『DELUXE』『SUPER』時代)のMCに就任し、同じく音楽番組の司会に復帰している。

司会[編集]

  • タモリ - 第1回から第6回まで出演。
  • 西田敏行 - 第1回から第6回まで出演。
  • 古舘伊知郎(当時テレビ朝日アナウンサー) - 第1回から第6回まで出演。
  • 佐々木正洋(当時テレビ朝日アナウンサー) - 第7回・第8回のみに出演。
  • 南美希子(当時テレビ朝日アナウンサー) - 第7回・第8回のみに出演。

スタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f サンデー毎日』、毎日新聞社1982年6月6日、 164 - 165頁。
  2. ^ a b c 朝日新聞朝日新聞社1982年4月8日、24頁。 
  3. ^ 『朝日新聞』 朝日新聞社、1982年6月3日、24頁。 
テレビ朝日系列 木曜22:00枠
前番組 番組名 次番組
ダラス 愛と憎しみの二重奏
(1982年1月7日 - 1982年3月25日)
夢のビッグスタジオ
(1982年4月8日 - 1982年5月27日)
木曜ヒットショー
(1982年6月3日 - 1982年9月23日)