夢の碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夢の碑』(ゆめのいしぶみ)は、木原敏江による日本漫画作品。『プチフラワー』(小学館)にて、1984年5月号から1997年5月号まで掲載。12年にわたり連載された幻想ロマンのスタイルをとった本格時代(日本および西洋)物の大作で、『風恋記』は第30回小学館漫画賞を受賞している。

収録作品[ソースを編集]

  • 『桜の森の桜の闇』 - 「夢の碑」第1話。
  • 『とりかえばや異聞』 その1 - 5 - 宝塚歌劇により「紫子 ‐とりかえばや異聞‐[1]として舞台化。
  • 『青頭巾』 前編・後編
  • 『封印雅歌』
  • ベルンシュタイン
    • 「煌のロンド」[2]
  • 『水面の月の皇子』
  • 『読み人知らず』
  • 『風恋記』 その1 - 23(最終話)
  • 『鵺』 その1 - 17(最終話)
    • 「夢占舟」[3]
  • 『影に愛された男』 前編・後編
    • 「昼の月 夜の谺」[4]
  • 『雪紅皇子』 その1 - 5 (最終話)
  • 『水琴窟』 - 雪紅皇子のインサイドストーリー。
  • 『上ゲ哥』 前編・後編 - 同じく雪紅皇子のインサイドストーリー。
    • 「君を待つ九十九夜」[5]
  • 『渕となりぬ』 その1 - 18(最終話) - 「夢の碑」シリーズ最終の作品。
    • 「月光城」[6]
    • 「幻想遊戯 Light Version[7]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 風吹を北欧由来のの一族の末裔から忍びに変更し、彼の鬼の力で助かった結末を2人が心中する悲劇になった。
  2. ^ 1983年 「ぶ〜けセレクション」第1号に掲載
  3. ^ 1986年 「画集 夢占舟」に掲載
  4. ^ 1991年 「ミステリールージュ」に掲載
  5. ^ 1993年 「プチフラワー」に掲載
  6. ^ 1998年1月号 「プチフラワー」に掲載
  7. ^ 1991年 画集 幻想遊戯に掲載

関連項目[ソースを編集]