お知らせ:「ご利用上の注意」の変更について

夢千代号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
夢千代号  いすゞ・ガーラ(初代)導入以降、夢千代号・かに王国号の仕様が統一されているため、車体に表記されない。旧型車にのみ表記が残っている。
かに王国号(現用中)  いすゞ・ガーラ(初代)導入以降、初期を除き、かに王国号・夢千代号の仕様が統一されているため、車体に表記されない。一部車両にのみ表記が残っている。

夢千代号(ゆめちよごう)は大阪府大阪市北区兵庫県神戸市中央区と兵庫県美方郡新温泉町湯村温泉を結ぶ高速バスである。「夢千代」は湯村温泉を舞台としたNHKドラマ夢千代日記」のヒロイン名から付けられた。

本項目では、大阪府大阪市北区兵庫県神戸市中央区兵庫県豊岡市を結ぶ高速バスであるかに王国号(かにおうこくごう)についても記述する(「かに王国」は、旧・城崎町カニシーズンのみ開国する)。また、本項では便宜上、各系統については、以下のように記述する。

  • 夢千代号大阪線…夢千代号 (大阪~湯村温泉線)
  • 夢千代号神戸線…夢千代号 (神戸~湯村温泉線)
  • かに王国号大阪線…かに王国号 (大阪~城崎温泉線)
  • かに王国号神戸線…かに王国号 (神戸~城崎温泉線)

なお、全但バスでは高速バスを特急バスと呼称している。

目次

歴史

  • 2006年7月23日 - 夢千代号神戸線を1日2往復に増便。夢千代号大阪線のうち2往復を舞鶴若狭自動車道~北近畿豊岡自動車道経由に変更。かに王国号大阪線を1日3往復に増便。かに王国号神戸線のうち1往復を舞鶴若狭自動車道~北近畿豊岡自動車道経由に変更。
  • 2007年12月1日 - 神戸空港への乗り入れを中止。
  • 2008年4月15日 - 神戸発便のみ神姫バス三ノ宮バスターミナル始発に変更(到着便は経由せず)
  • 2008年10月1日 - 夢千代号大阪線に1日1往復季節運行便を新たに設定。かに王国号大阪線を1日2往復に減便し、その他に1日1往復季節運行便を新たに設定。かに王国号神戸線を1日3往復に増便。
  • 2009年4月1日 - 夢千代号大阪線の1往復が、全但バスから阪急観光バスの運行となる。

運行会社

  • 全但バス
    • 「夢千代号大阪線」は湯村温泉営業所が、大阪発1便と湯村温泉発3便の1往復を除いて担当。「夢千代号神戸線」は、湯村温泉営業所が全便を担当。
    • 「かに王国号」は城崎営業所が全便を担当。
  • 阪急観光バス
    • 「夢千代号大阪線」の大阪発1便と湯村温泉発3便の1往復を担当。

停車停留所

  • 城崎・豊岡 - 神戸線
    • <神姫バス三ノ宮バスターミナル(乗車のみ) - 県庁前 - 阪急三宮(降車のみ) - 箕谷> - 春日インター - 氷上 - 和田山営業所 - 八鹿駅 - 日高商工会前 - 豊岡駅 - 城崎温泉駅 - 城崎元薬師
  • 城崎・豊岡 - 大阪線
    • <大阪梅田 - 新大阪 - 千里ニュータウン - 宝塚インター> - 春日インター - 氷上 - 和田山営業所 - 八鹿駅 - 日高商工会前 - 豊岡 - 城崎温泉駅

停留所の選定は高速バス バスロケーションシステムによる。

運行経路

途中休憩

運行回数

  • かに王国号大阪線
    • 昼行2往復 (多客期のみ1往復別途増便)
      • 全便舞鶴若狭自動車道・北近畿豊岡自動車道・和田山IC経由
  • かに王国号神戸線
    • 昼行3往復
      • 舞鶴若狭自動車道・北近畿豊岡自動車道・和田山IC経由2往復
      • 播但連絡道路経由1往復
  • 夢千代号大阪線
    • 昼行3往復 (多客期のみ1往復別途増便)
      • 舞鶴若狭自動車道・北近畿豊岡自動車道・和田山IC経由2往復(多客期のみ1往復別途増便)
      • 播但連絡道路経由1往復
  • 夢千代号神戸線
    • 昼行2往復
      • 舞鶴若狭自動車道・北近畿豊岡自動車道・和田山IC経由1往復
      • 舞鶴若狭自動車道・北近畿豊岡自動車道・梁瀬経由1往復

割引制度

  • 往復割引 10%引き(7日間。なお、2008年4月15日から全但バス運行便の車内でも往復割引の乗車券を購入できるようになった。ただし、復路のバスは便・座席共に指定がなされていないため、利用者が別途全但バス・阪急バス・神姫バスの各予約センター等で座席の指定を受ける必要がある。阪急観光バス運行便では、車内で往復割引乗車券を購入できない。)
  • 学生割引 30%引き(中学・高校・大学の学生証を提示の上、原則は事前購入だが、2008年4月15日から車内でも学生割引の乗車券を購入できるようになった。)
  • 回数券 7枚綴りで6回分の料金。有効期限はない。全但バス窓口で発売される回数券は、区間ではなく、券面額で発売されるため、券面額を超える区間で利用する場合は、差額を現金で支払う。また、阪急観光バス運行便の車内では、夢千代号大阪線にのみ有効な回数券が発売される。
  • 2008年10月1日から和田山営業所バス停にて、城崎温泉駅発神戸行き1便と浜坂駅発大阪行き1便、城崎温泉駅発神戸行き3便と湯村温泉発大阪行き2便、城崎温泉駅発大阪行き2便と浜坂駅発神戸行き2便が相互接続し、乗り換えが出来るようになった。この場合、運賃は和田山営業所で打ち切らず、通しの料金で計算する。ただし、大幅に遅延した場合は乗り継ぎが出来ず、目的地の変更を要請されることがあり得る。 

車内設備

脚注

[ヘルプ]

今日は何の日(3月29日

もっと見る

「夢千代号」のQ&A