夢占いについて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
自然学小論集 > 夢占いについて

夢占いについて』(: Περὶ τῆς καθ᾽ ὕπνον μαντικῆς: De divinatione per somnum: On Divination in Sleep)とは、アリストテレス名義の自然学短篇著作の1つであり、『自然学小論集』を構成する7篇の内の1つ[1]

構成[編集]

全2章から成る。

  • 第1章 - 予知を与えるものを神とすることの当否。夢は原因かしるしか偶然の一致か。
  • 第2章 - 予知を与えるものは超自然的。夢が成就しない場合。予知が知者に起こらない理由。予知が成就する場合。夢の巧みな判別者。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集6』 岩波 p.169

関連項目[編集]