夢咲ねね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ゆめさき ねね
夢咲 ねね
本名 赤根 那奈
生年月日 (1984-07-04) 1984年7月4日(36歳)
出生地 富山県富山市
身長 165cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2008年:星組へ異動
2009年:星組トップ娘役就任
2015年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
著名な家族 愛加あゆ(妹)
事務所 キューブ
公式サイト 夢咲ねね公式ファンクラブサイト
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
オーシャンズ11
眠らない男・ナポレオン
舞台
1789-バスティーユの恋人たち-
ポーの一族
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

夢咲 ねね(ゆめさき ねね、1984年[1][2]7月4日[1][3][4][2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組トップ娘役[1][3][5][6]

富山県富山市[3][4]富山第一高等学校出身[3][4]。身長165cm[2]。血液型A型[2]。愛称は「ねね」[3][7][4]

所属事務所はキューブ[2]

来歴[編集]

2001年、宝塚音楽学校入学。

2003年、宝塚歌劇団に89期生として入団[7][2]月組公演「花の宝塚風土記シニョール ドン・ファン」で初舞台[3][5][4][8][9]。その後、月組に配属[3][7][5][4][8][2]

舞台映えする華やかな容姿で注目を集め、2005年、彩輝直退団公演となる「エリザベート」で、新人公演初ヒロイン[3][7][4][8][9]。タイトルロールとなるエリザベート役を演じる[7][8]。入団2年目での抜擢となった[3][8]。続く「BourbonStreet Blues」で、バウホール公演初ヒロイン[3][4][8]

2007年、「パリの空よりも高く」で2度目の新人公演ヒロイン[3][8]。続く「大坂侍」(バウホール・日本青年館公演)で、東上公演初ヒロイン[8]。続く「マジシャンの憂鬱」で3度目の新人公演ヒロインを務める[3]

2008年の「ホフマン物語」(バウホール公演)では、3パターンのヒロインを役替わりで演じる[4]。同公演千秋楽翌日となる1月30日付で星組へと組替え[3][5][4][9]。同年、「ブエノスアイレスの風」(日本青年館・バウホール公演)で、2度目の東上公演ヒロイン[5][9]

2009年4月27日付で星組トップ娘役に就任[3][10][2]柚希礼音の相手役として、「太王四神記」でトップコンビ大劇場お披露目を果たす[7][9]

2015年5月10日、「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!」東京公演千秋楽をもって、相手役の柚希と共に宝塚歌劇団を退団[6][10][9]。トップとしての任期は6年を超え、平成以降では和央ようか花總まりトップコンビに次ぐ記録となった[10]

退団後は本名の赤根那奈(あかね・なな)名義で一時期活動していたが、現在は宝塚時代の芸名に戻している[11]

2021年4月1日付でキューブ所属となる[12]

人物[編集]

実妹は元雪組トップ娘役の愛加あゆであり、同時期に姉妹が揃ってトップ娘役を務めるのは、宝塚史上初のこととなった[6][10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

星組時代[編集]

星組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2004年12月、『熱帯夜話-眠れない夜に…-』 - ネネ
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ〜人は夢見る〜』
  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!-「モン・パリ」80周年記念-』
  • 2008年12月、『タカラヅカスペシャル2008〜La Festa!〜』
  • 2009年6月、『百年への道』
  • 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』
  • 2009年12月、『タカラヅカスペシャル2009〜WAY TO GLORY〜』
  • 2011年4月、『ノバ・ボサ・ノバ』前夜祭
  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年10月、『演劇人祭 特別篇』(外部出演)
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年3月、夢咲ねねミュージック・サロン『N-style』 主演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

TV出演[編集]

広告・CM出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2007年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2006年度新人賞
  • 2007年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 新人賞
  • 2010年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2009年度努力賞
  • 2010年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 娘役賞
  • 2013年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2012年度優秀賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c profile 夢咲ねね公式ファンクラブサイト。
  2. ^ a b c d e f g h 夢咲ねね 株式会社キューブオフィシャルサイト。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 私なりのジュリエット/夢咲ねね プレシャス!宝塚。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 組替え直後も大役熱演!!/夢咲ねね プレシャス!宝塚。
  5. ^ a b c d e f 宝塚に元関脇・逆鉾の長女が花組異動 スポニチAnnex。
  6. ^ a b c d 夢咲ねね、妹・愛加に退団の心得学ぶ? デイリースポーツ。
  7. ^ a b c d e f g h 阪急交通社、新イメージキャラクターに宝塚歌劇団星組<夢咲ねね>を起用します! 阪急交通社。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l The name of タカラジェンヌII/月組 夢咲ねね 夢が咲くように 産経新聞ENAK。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 夢咲ねねサヨナラ特別番組「Star☆Princess」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  10. ^ a b c d e f 夢咲ねねが宝塚退団会見「本当に感謝」 日刊スポーツ。
  11. ^ a b c d e 第55回:夢咲ねねが「グレート・ギャツビー」の難役ヒロインで元宝塚の本領を発揮! 映画.com。
  12. ^ 夢咲ねね 2021年4月1日 所属のお知らせ 株式会社キューブオフィシャルサイト。
  13. ^ 『サンセット大通り』ベティ役の夢咲ねねにインタビュー!「“太陽”のようなベティを精一杯表現したい」 エンタステージ。
  14. ^ 「1789」小池徹平、加藤和樹ら豪華衣装で登場「間違いなく革命的な作品に」 ステージナタリー。
  15. ^ 「ビッグ・フィッシュ」あの世に行く瞬間に思い出す「一生の思い出に残る作品」 ステージナタリー。
  16. ^ 井上芳雄「ギャツビーのためのこれまでだった、と言える作品に」 ステージナタリー。
  17. ^ 「1789」“進化&深化”して最高の革命へ、小池徹平・加藤和樹ら意気込む ステージナタリー。
  18. ^ 「ラブ・ネバー・ダイ」開幕に市村正親「最高のものをお届けできるように」 ステージナタリー。
  19. ^ a b c 甲斐翔真、阿部顕嵐らの出演で青春映画のミュージカル化『October Sky-遠い空の向こうに-』10月日本初演! 演劇きっく。
  20. ^ 口を裂かれた青年が“本当の笑顔”求め葛藤、浦井健治らの「笑う男」開幕 ステージナタリー。
  21. ^ 「ビッグ・フィッシュ」装い新たに開幕、川平慈英「癒しのパワースポットに」 ステージナタリー。
  22. ^ 明日海りお主演「ポーの一族」ライブ配信追加開催&千秋楽のライブビューイングが決定 ステージナタリー。
  23. ^ “赤根那奈、本郷奏多主演「ラブホの上野さん」で連続ドラマ初出演”. ステージナタリー. (2016年12月14日). http://natalie.mu/stage/news/213210 2016年12月15日閲覧。 
  24. ^ 渋谷の街で男たちが暴走、孤独と欲望描く奥田庸介監督の新作『ろくでなし』 CINRA.NET。

注釈[編集]

  1. ^ 4/11〜13のみ柚希礼音と特別出演。
  2. ^ 赤根那奈名義。
  3. ^ 赤根那奈名義。
  4. ^ 赤根那奈名義。