夢妃杏瑠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夢妃 杏瑠(ゆめき あんる、1月16日 - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。

兵庫県伊丹市兵庫県立宝塚北高等学校出身。身長161cm、血液型はA型。愛称は「あんる」。

略歴[編集]

2005年、宝塚音楽学校入学。93期生。同期には、彩風咲奈蒼羽りく帆風成海舞羽美海(元雪組トップ娘役)、愛月ひかる菜那くらら芹香斗亜らがいる。

2007年3月、同校卒業。宝塚歌劇団入団。入団時の成績は16番。

星組『さくら‐妖しいまでに美しいおまえ‐/シークレット・ハンター』で初舞台。その後、星組に配属される。

2009年7月から1年間、真風涼帆と『TAKARAZUKA SKY STAGE』第8期スカイフェアリーズを務める。

2010年、『愛と青春の旅だち』にて初めてエトワールを務める。

2013年、宝塚歌劇団の台湾公演に参加[1]

2015年7月から、同期の夏樹れいと共に『TAKARAZUKA SKY STAGE』第3期スカイ・ナビゲーターズを務める。

妃白ゆあの退団に伴い、2016年7月から天寿光希(のち輝咲玲央)と共に『TAKARAZUKA SKY STAGE』スカイ・レポーターズを務めている。

人物[編集]

芸名の由来は、尊敬する上級生から1字もらい、使いたかった“杏”という字に合わせて他の字を考えた。

2010年、オーディションで『BOLERO‐ある愛‐』第17場 再会の“星の歌手”を射止める。

主な舞台歴[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2007年 『さくら-妖しいまでに美しいおまえ-/シークレット・ハンター』

星組時代[編集]

』新人公演:ルビー(3ジュエルズ)(本役:花愛瑞穂

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宝塚歌劇団が初の台湾公演を実施(シアターガイド、2011年11月24日)
  2. ^ この公演より開演前アナウンスを務める