夢源氏剣祭文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夢源氏剣祭文』(ゆめげんじつるぎのさいもん)は、小池一夫による小説作品。

概要[編集]

1993年、平安建都1200年を記念して毎日新聞朝刊で毎週日曜日の最終面[1]に一年間に渡り連載され、「スーパー御伽草子」と絶賛された。また、日本画の重鎮であった森田曠平による挿絵も話題となった。単行本は1995年に上下巻で出版されたが、2016年に漫画家の高橋留美子による挿画で合本がミューノベルというライトノベル系レーベルから新たに出版されている。

1998年NHK-FM放送で、仲代達矢のナレーションでラジオドラマ化された。

皇なつき作画で漫画化され、「時代劇漫画 刃-JIN-」(小池書院2006年10月号から連載されたが同誌が休刊。2012年6月26日に創刊された『サムライエース』(角川書店)で連載が決定したが、同誌も2013年12月26日をもって休刊となり、再び連載は中断した。

あらすじ[編集]

「手柄を立てる」と都へ旅立った父に会いに、母と共に都へ向かっていた茨木(いばらき)。道中、母が亡くなり、鬼の黒蔵主に追いかけられた茨木は、命からがら逃げるが耳を食いちぎられてしまう。

「鬼に噛まれた者は、鬼の毒で自身も鬼になる」

少しずつ鬼に変化していく自分を感じながら、4歳の少女の旅が始まる。

ラジオドラマ[編集]

NHK-FM放送、青春アドベンチャー枠で1998年10月26日から11月6日に渡り、全10話が放送された。

出演[編集]

スタッフ[編集]

漫画[編集]

2006年、皇なつき作画で『時代劇漫画 刃-JIN-』(小池書院2006年10月号より漫画化。

原作を読了した皇は、漫画化に当たり、「普通の漫画ではなく絵巻物のような作品にしたい」と思い、試行錯誤した。単行本には、「作画」ではなく「絵師」という表記になっている。また、巻数表示は「第一集」という表記である。掲載誌『時代劇漫画 刃-JIN-』が2008年7月号(2008年5月21日発売号)にて休刊になり、未完となっていたが2012年6月26日に創刊した隔月刊誌『サムライエース』(角川書店)に移籍し連載を再開した。中断された部分からの続きではなく第1話からの再録連載であったが、同誌も2013年12月26日をもって休刊となり、再び連載は中断した。

フランス出版業界はこの作品を絶賛し、フランスでの出版も決定した。

単行本[編集]

  • 小池書院〈刃コミック〉 2007年11月27日発売 ISBN 978-4862252326【絶版】
  • 角川書店
    1. 2014年3月18日発売、ISBN 978-4-04-121085-7
    2. 2014年3月18日発売、ISBN 978-4-04-121086-4

脚注[編集]

  1. ^ この作品が連載されている間のテレビ欄は中面に移設されていた。