夢見る頃を過ぎても (リンダ・ロンシュタットのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夢見る頃を過ぎても
リンダ・ロンシュタットスタジオ・アルバム
リリース
録音 カリフォルニア州サンラフェル ザ・サイト、カリフォルニア州ロサンゼルス オーシャン・ウェイ・レコーディングアリゾナ州ツーソン ジム・ブラディ・レコーディング[1]
ジャンル ソフトロックカントリーロック
時間
レーベル エレクトラ・レコード
プロデュース グリン・ジョンズ(#1, #2, #3, #5, #8, #10, #11)
ジョージ・マッセンバーグ(#4, #6)
ピーター・アッシャー(#4)
リンダ・ロンシュタット(#6)
ワディ・ワクテル(#7, #9)
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 160位(アメリカ[2]
  • リンダ・ロンシュタット 年表
    愛の贈りもの
    (1996年)
    夢見る頃を過ぎても
    (1998年)
    トリオ2(with エミルー・ハリスドリー・パートン
    (1999年)
    テンプレートを表示

    夢見る頃を過ぎても』(原題:We Ran)は、アメリカ合衆国の歌手リンダ・ロンシュタット1998年に発表したスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    1970年代にロンシュタットと共演したバーニー・レドンワディ・ワクテル、それにトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのメンバーであるマイク・キャンベル、ベンモント・テンチ英語版、ハウィー・エプスタイン等がレコーディングに参加した[3]。収録曲のうち2曲はジョン・ハイアット英語版のカヴァーで、「夢見る頃を過ぎても」はアルバム『Warming Up to the Ice Age』(1985年)、「氷のようにブルーな気持ち」はアルバム『Slow Turning』(1988年)からの曲である[4]

    反響・評価[編集]

    母国アメリカでは2週Billboard 200入りし、最高160位を記録した[2]

    ジェイムズ・ハンターは1998年6月25日付の『ローリング・ストーン』誌のレビューで5点満点中4点を付け「ロンシュタットはブルース・スプリングスティーンドク・ポーマスボブ・ディラン等の曲において、これらのソングライター達の親しみやすさ、魅力、自由奔放さに彼女自身の大胆なスタイルを適合させ、情感と技術を融合してみせた」と評している[5]。1998年7月13日付の『ピープル』誌のレビューでは「7月15日に52歳を迎えるベテランの歌手が、カントリーロックのルーツに回帰している」と評されている[6]。Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「彼女の声はなおも力強く、驚くほど元気で、選曲に関しても意外性はないが納得はいく。一部の曲は些か特徴に欠けており、他にもディランの"Just Like Tom Thumb's Blues"のように、彼女の洗練された表現に似つかわしくない曲もあるが、アルバムの大部分は実に楽しめる」と評している[3]。また、『CDジャーナル』のミニ・レビューでは「黄金時代のリンダの妖艶な魅力が戻って、ゾクゾクとさせてくれる」と評されている[7]

    収録曲[編集]

    1. 夢見る頃を過ぎても - "When We Ran" (John Hiatt) - 5:08
    2. イフ・アイ・シュッド・フォール・ビハインド - "If I Should Fall Behind" (Bruce Springsteen) - 4:06
    3. 理由(わけ)を教えて - "Give Me a Reason" (Marion Hall) - 3:58
    4. ルーラー・オブ・マイ・ハート - "Ruler of My Heart" (Naomi Neville) - 3:37
    5. 親指トムのブルースのように - "Just Like Tom Thumb's Blues" (Bob Dylan) - 7:48
    6. 涙が渇くまで泣いて - "Cry 'Til My Tears Run Dry" (Scott Fagan, Doc Pomus, Mort Shuman) - 4:01
    7. 悲しみの果てに - "I Go to Pieces" (Troy Newman, Waddy Wachtel) - 3:46
    8. ハートブレイク・カインド - "Heartbreak Kind" (Paul Kennerley, Marty Stuart) - 3:31
    9. ダメージ - "Damage" (W. Wachtel) - 3:19
    10. 氷のようにブルーな気持ち - "Icy Blue Heart" (J. Hiatt) - 4:57
    11. サン・ホアキーンの夢 - "Dreams of the San Joaquin" (Jack Wesley Routh, Randy Sharp) - 5:15

    参加ミュージシャン[編集]

    • リンダ・ロンシュタット - ボーカル
    • マイク・キャンベル - ギター(on #1, #5, #10)、12弦ギター(on #2, #11)、アコースティック・ギター(#8)、マンドリン(on #11)
    • ワディ・ワクテル - ギター(on #1, #3, #7, #9)
    • アンディ・フェアウェザー・ロウ - ギター(on #1, #8)、アコースティック・ギター(on #2, #11)、バリトン・ギター(on #5)
    • バーニー・レドン - アコースティック・ギター(on #1, #2, #10, #11)、マンドセロ(on #5)、ギター(on #8)、バックグラウンド・ボーカル(on #8, #10)
    • ブライアン・ストルツ - ギター(on #4)
    • フレッド・タケット英語版 - ギター(on #6)
    • ディーン・パークス - ギター(on #7)
    • イーサン・ジョンズ - マンドリン(on #3)、ウクレレ(on #3)、ドラムス(on #8)、ギター(on #10)、アコースティック・ギター(on #10)、スライドギター(on #10)
    • ベンモント・テンチ英語版 - ハモンドオルガン(on #1, #2, #3, #5, #8, #10, #11)、ピアノ(on #1)
    • ジム・コックス - ハモンドオルガン(on #9)、ピアノ(on #9)
    • ドン・グロルニック英語版 - キーボード(on #4)
    • ジョン・ギルティン - オルガン(on #4)、キーボード(on #6)
    • ロビー・ブキャナン - シンセサイザー(on #7)
    • ボブ・グラウブ - ベース(on #1, #2, #6, #7, #11)
    • ハッチ・ハッチンソン - ベース(on #3, #10)
    • ダリル・ジョンソン - ベース(on #4)
    • ハウィー・エプスタイン - ベース(on #5, #8)
    • リーランド・スカラー - ベース(on #9)
    • カルロス・ヴェガ - ドラムス(on #1, #4, #5, #9, #11)、パーカッション(on #2)
    • ジム・ケルトナー - ドラムス(on #3, #10)
    • ラス・カンケル - ドラムス(on #6)、パーカッション(on #7)
    • マイケル・レノン - タンブリン(on #9)、バックグラウンド・ボーカル(on #7, #9)
    • プラス・ジョンソン英語版 - サクソフォーン(on #4, #6)
    • マレーナ・ジーター - バックグラウンド・ボーカル(on #3, #4, #6)
    • アレクサンドラ・ブラウン - バックグラウンド・ボーカル(on #3, #4, #6)
    • モートネット・ジェンキンス - バックグラウンド・ボーカル(on #3, #4, #6)
    • マーク・レノン - バックグラウンド・ボーカル(on #7, #9)
    • キップ・レノン - バックグラウンド・ボーカル(on #7, #9)
    • マイケル・ロンシュタット - バックグラウンド・ボーカル(on #10, #11)
    • ジョン・ロンシュタット - バックグラウンド・ボーカル(on #11)
    • ウィリアム・ロンシュタット - バックグラウンド・ボーカル(on #11)
    • メリンダ・ロンシュタット - バックグラウンド・ボーカル(on #11)
    • ピーター・ロンシュタット - バックグラウンド・ボーカル(on #11)
    • スージー・ロンシュタット - バックグラウンド・ボーカル(on #11)

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ CD英文ブックレット内クレジット
    2. ^ a b Linda Ronstadt We Ran Chart History - Billboard 200”. Billboard. 2018年12月23日閲覧。
    3. ^ a b Erlewine, Stephen Thomas. “We Ran - Linda Ronstadt”. AllMusic. 2018年12月23日閲覧。
    4. ^ 日本盤CD (AMCY-2801)ライナーノーツ(和田静香、1998年5月30日)
    5. ^ Hunter, James (1998年6月25日). “We Ran”. Rolling Stone. 2018年12月23日閲覧。
    6. ^ Picks and Pans Review: We Run”. People. Meredith Corporation (1998年7月13日). 2018年12月23日閲覧。
    7. ^ リンダ・ロンシュタット/夢見る頃を過ぎても”. CDJournal. 音楽出版社. 2018年12月23日閲覧。