夢 (トスティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

』(ゆめ、Sogno)は、フランチェスコ・パオロ・トスティ作曲の歌曲である。作詞はロレンツォ・ステッケッティによるものである。

トスティ初期の傑作。夢のなかでの恋人と愛のやりとりを歌っている。

歌詞[編集]

イタリア語(原詞) 日本語訳

Ho sognato che stavi a' ginocchi,
Come un santo che prega il Signor...
Mi guardavi nel fondo degli occhi,
Sfavillava il tuo sguardo d'amor.

Tu parlavi e la voce sommessa...
Mi chiedea dolcemente mercè...
Solo un guardo che fosse promessa,
Imploravi, curvato al mio piè.

Io taceva e coll'anima forte
Il desio tentatore lottò.
Ho provato il martirio e la morte
pur mi vinsi e ti dissi di no.

Ma il tuo labbro sfiorò la mia faccia...
E la forza del cor mi tradì.
Chiusi gli occhi, ti stesi le braccia...
Ma,sognavo...E il bel sogno svanì.

わたしは夢を見た あなたが跪いている
まるで神に祈る聖者のように
あなたはわたしの瞳の底まで見つめ
あなたの愛の眼差しは輝いていた

あなたはわたしに語りかけた その静かな声は
穏やかに わたしに情けをかけてと求めていた
ただ約束された眼差しだけを
求めて、わたしの足元に跪いていた

わたしは黙っていた、強い魂は
誘惑の欲望と戦っていた
苦難と死を感じていたが
なんとか打ち勝って、あなたにだめだと言っていた

けれどあなたのくちびるが わたしの顔に触れたとき
心の力はわたしを裏切ったのだ
目を閉じて、わたしはあなたに手を差し出した
だが わたしは夢を見ていたのだ そしてこの美しい夢は消えた